FANDOM


To be free
シングル
収録アルバム Beautiful World
リリース 2010年7月7日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間 7分28秒(CD
19分14秒(DVD
レーベル J Storm
作詞・作曲 秋元康
西村麻聡
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2010年7月度月間1位(オリコン)
  • 2010年8月度月間25位(オリコン)
  • 2010年度年間10位(オリコン)
  • 登場回数30回(オリコン)
  • 2010年度年間6位(Billboard Japan Hot Singles Sales)
シングル 年表

<span />

Monster
(2010年)
To be free
(2010年)
Løve Rainbow
(2010年)
<span />
Beautiful World 収録曲
morning light
(14)
To be free
(15)
このままもっと
(16)
</td></tr>

To be free」(トゥー ビー フリー)は、の31枚目のシングル。2010年7月7日J Stormから発売された。

シングルは通常盤の1種で販売。収録曲は「To be free」1曲のみでカップリングは無く、そのオリジナル・カラオケPV・メイキングが収録された。初回プレス盤には歌詞ブックレット(16P)が付属している。

PVは壮大で荒々しい自然をイメージ。スタジオに白砂を敷き流木などを置き、鷹や花・砂漠・滝などを流すスクリーンをバックに5人が歌う様子が収録されている。

表題曲はメンバーの櫻井翔出演のアサヒ飲料三ツ矢サイダーCMソング。同CMには以前から櫻井が出演していたが、CMソングを手がけたのは今作が初となった。CMタイアップは嵐のシングルの表題曲としては「Everything」以来。また、怪物太郎(怪物くん)名義のメンバーの大野智ソロ曲「ユカイツーカイ怪物くん」が今作と同日に発売されたため、大野は同日に2枚のシングルを発売するということになった。

本作より1年間は楽曲制作をビーイングに委託する。

チャート成績 編集

発売前日の2010年7月6日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約18.0万枚を記録し首位を獲得した。同日付のデイリーチャートでは、シングルが本作と同時に発売された大野智のソロ曲「ユカイツーカイ怪物くん」が推定売上枚数約5.9万枚で2位となり、グループとソロで1位と2位を独占する結果になった[1]

2010年7月19日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。同チャートでの1位獲得は12thシングル「PIKA★★NCHI DOUBLE」以来20作連続、通算27作目となり、20作連続での1位獲得は浜崎あゆみ(2009年3月9日付で達成)以来約1年4か月ぶり、史上5組目の記録となった。初動売上は約42.6万枚となった。また、同週のチャートでは前述の「ユカイツーカイ怪物くん」が約14.3万枚の売上で2位にランクインし、約9年10か月ぶりにグループ・ソロでの1位・2位独占を成し遂げた[2]

収録曲 編集

  1. To be free [3:45]
    作詞:秋元康、作曲:西村麻聡、編曲:池田大介・吉岡たく
    アサヒ飲料三ツ矢サイダー』CMソング
  2. To be free(オリジナル・カラオケ)

DVD

  1. To be free(PV+メイキング)

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki