FANDOM


</td></tr>
Sparkling☆Point 1
スパークリング☆ポイントスタジオ・アルバム
リリース 2005年7月13日
録音 2004年 - 2005年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間 50分41秒
レーベル GIZA studio
プロデュース 長戸大幸
チャート最高順位
スパークリング☆ポイント 年表

<span />

Sparkling☆Point 1
(2005年)
太陽〜ティダ〜
(2006年)
Sparkling☆Point 1 収録の シングル
  1. Hey Hey Baby! You're NO.1!
    リリース:2004年9月1日
  2. 卒業〜虹色DAYS〜
    リリース:2004年11月3日
  3. Have a good time!
    リリース:2005年2月23日
  4. トロピカルビーチ
    リリース:2005年6月8日

Sparkling☆Point 1』(スパークリングポイント・ワン)は、スパークリング☆ポイントの1枚目のオリジナルアルバム2005年7月13日GIZA studioから発売された。

内容 編集

初回盤はスリーブケース仕様でブックレット「スパークリング☆ポイント ワンダフルBOOK」が封入されている。内容は奄美大島についての特集、インタビュー、セルフライナーノーツなど。夏、海、ビーチ、奄美大島をキーワードにして制作した[1]

批評 編集

CDジャーナルは「センチメンタルなバラードも随所に挿入し、まさに正統派アイドル・ポップ。特に、キュートなコーラス・ワークが魅力」と評した[2]

収録曲 編集

全曲 作詞:スポークリング☆ポイント

  1. 潮風感じて Dance×3
    作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbne・鷹羽仁
  2. トロピカルビーチ
    作曲:大野愛果、編曲:Jonnie Fingers
    4thシングル
  3. Hey Hey Baby! You're NO.1!
    作曲:大野愛果、編曲:須貝幸生・鷹羽仁
    1stシングル
  4. We'll be arlight
    作曲:川島だりあ、編曲:鷹羽仁
  5. Have a good time!
    作曲・編曲:徳永暁人
    3rdシングル
  6. ズット
    作曲:西村麻聡、編曲:小澤正澄
  7. Please again
    作曲:野中則夫、編曲:須貝幸生
    2ndシングルのカップリング。
  8. 最後の夏休み
    作曲:宇徳敬子 編曲:須貝幸生
  9. So stay together
    作曲:大野愛果、編曲:小澤正澄
    2ndシングル
  10. ONE
    作曲:葛谷葉子、編曲:Jonnie Fingers
  11. 海へ行こうよ
    作曲:川島だりあ、編曲:鷹羽仁

脚注 編集

  1. エムアールエム「Music Freak Magazine」2005年7月8頁
  2. スパークリング☆ポイント/Sparkling☆Point 1 CDジャーナル

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki