FANDOM


</td></tr>
innocent color
柳原愛子スタジオ・アルバム
リリース 1994年9月24日
ジャンル J-POP
レーベル ZAIN RECORDS
プロデュース EXIM
柳原愛子 年表

<span />

innocent color
1994年
-
innocent color 収録の シングル
  1. Don't let me down
    リリース:1993年8月25日
  2. きっと ふたり 会えてよかった
    リリース:1993年11月17日

innocent color(イノセント・カラー)は柳原愛子のアルバム。

内容 編集

唯一のオリジナルアルバムはシングル収録曲以外全ての作詞を担当し、一部の楽曲でフルートを演奏している。

批評 編集

CDジャーナルは「彼女のBGMにならない歌声を聴いてると、どうしても曲から耳を離せなくなってしまう」と評した[1]

収録曲 編集

  1. Don't let me down
    作詞・作曲:川島だりあ 編曲:池田大介
  2. 涙より悲しい気持ち
    作詞:柳原愛子 作曲:増崎孝司 編曲:増崎孝司・池田大介
  3. 風を追いかけて
    作詞:柳原愛子 作曲:徳永暁人 編曲:須貝幸生神長弘一
  4. Rainy Day
    作詞:柳原愛子 作曲:多々納好夫 編曲:須貝幸生
  5. 過ぎゆく時間の中
    作詞:柳原愛子 作曲:石川寛門 編曲:神長弘一・池田大介
  6. 想い出のかけら
    作詞:柳原愛子 作曲:大堀薫 編曲:大堀薫・神長弘一・池田大介
  7. きっと ふたり 会えてよかった
    作詞:向井玲子 作曲:栗林誠一郎 編曲:池田大介
  8. 新しい道を探して
    作詞:柳原愛子 作曲:多々納好夫 編曲:須貝幸生
  9. ときめきながら 微笑みながら
    作詞:柳原愛子 作曲:増崎孝司 編曲:増崎孝司・池田大介
  10. 遠く消えてゆく…
    作詞:柳原愛子 作曲:日詰昭一郎 編曲:神長弘一・池田大介

参加ミュージシャン 編集

E.Guitar
鈴木英俊、増崎孝司 from DIMENSION (by the courtesy of BMG ROOMS)
田川伸治 from DEEN (by the courtesy of B-Gram RECORDS)、神長弘一
A.Guitar
鈴木康志
Bass
坂井紀雄、須貝幸生、大堀薫
Drums
そうる透青山純江口信夫
Flute
柳原愛子
Keyboads
池田大介、前野知常
Piano
小野塚晃 from DIEMNSION (by the courtesy of BMG ROOMS)
Chorus
栗林誠一郎 from REV、宇徳敬子牧穂エミ、古川真一

クレジット 編集

Produced by 田村克也 (PUBLIC MIND)
Sound Produced by 神長弘一、池田大介
Directed by 矢田部俊秀 (Being), 小松久 (Being), 長田直也 (Being)
Assistant Director:石谷知基 (Being)
Recorded & Mixed by 相原雅之 (BIRDMAN), Macoteau.T (BIRDMAN)
Recorded by 三橋真理 (BIRDMAN), 野崎智子 (BIRDMAN), 高桑心 (BIRDMAN)
Assistant Engineer:宮城雄三 (BIRDMAN)
Recorded & Mixed at STUDIO BIRDMAN, MOD STUDIO BEING, T's STUDIO
Artist Management:久保崇 (BROS)
Artist Promotion:倉田洋子 (Being)
Promotion Office:Ading
Special Thanks to Richard.k
all Yanagihara's fan
Supervisor:中島正雄 (Being), 長戸秀介 (REY'S IN)
Executive Producer:月光恵亮 (PUBLIC IMAGE)

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki