FANDOM


</td></tr>
INDIVIDUAL
MANISHスタジオ・アルバム
リリース 1994年10月24日
ジャンル J-POP
レーベル ZAIN RECORDS
プロデュース 明石昌夫
チャート最高順位
MANISH 年表

<span />

MANISH
(1993年)
INDIVIDUAL
(1994年)
Cheer!
(1996年)
INDIVIDUAL 収録の シングル
  1. 君が欲しい 全部欲しい
    リリース:1993年6月2日
  2. 眠らない街に流されて
    リリース:1993年7月28日
  3. だけど止められない
    リリース:1993年11月3日
  4. もう誰の目も気にしない
    リリース:1994年2月6日
  5. 明日のStory
    リリース:1994年5月25日
  6. 走り出せLonely Night
    リリース:1994年8月10日

INDIVIDUAL(インディビデュアル)はMANISHの2枚目のアルバムである。

内容 編集

前作に続き、サウンドプロデュース及び編曲を明石昌夫が担当した。11曲中7曲は西本麻里(キーボード)による作曲。オリコンチャートでは、初登場で5位を記録し、初動で10万枚突破した。オリジナル・アルバムでは、最大のヒット作となっている。

このアルバムの制作は1年3ヶ月が費やされ[1]、膨大なお蔵入りが存在すると言われる。その中から2曲が解散後にリリースされたベストアルバム「complete of MANISH at the BEING studio」に収録された。

収録曲 編集

  1. だけど止められない(Album Version)
    作詞:高橋美鈴 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫
    • シングルでは最後がフェードアウトするが、こちらは演奏がすべて流れて終わる。
  2. 走り出せLonely Night
    作詞:高橋美鈴 作曲:栗林誠一郎 編曲:明石昌夫
  3. 明日のStory
    作詞:高橋美鈴・みかみ麗緒 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫
  4. ゆずれない瞬間(とき)
    作詞:高橋美鈴 作曲:石川寛門 編曲:明石昌夫
    • シングルではないがPVがフルサイズ撮影された。バンドでのライブシーンで構成される。
  5. My Boy
    作詞:高橋美鈴 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫・鷹羽仁
    • MANISHでは珍しい変拍子の楽曲。
  6. もう誰の目も気にしない
    作詞:小田佳奈子 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫
  7. 眠らない街に流されて
    作詞:大黒摩季 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫
  8. 君が欲しい 全部欲しい(Album Version)
    作詞:大黒摩季 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫
  9. いつでも君に会いたかった
    作詞:小田佳奈子 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫
  10. ずっと見つめていたかった
    作詞:小田佳奈子 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫
  11. eternal
    作詞:みかみ麗緒 作曲:西本麻里 編曲:明石昌夫・鷹羽仁
    • ビデオクリップが制作されており、「ゆずれない瞬間」と同様にバンドスタイルで撮影されている。

クレジット 編集

Additional Musicians
Chorus:MAKI OHGURO (by the courtesy of B-Gram RECORDS)
YUICHI IKUSAWA from TWINZER (by the courtesy of MELDAC Corp.)
SEIICHIRO KURIBAYASHI from REV
Guitar:HIDETOSHI SUZUKI
NAOTO ISHII from BEREEVE (by the courtesy of B-Gram RECORDS)
Bass:MASAO AKASHI / NORIO SAKAI / KAORU OHORI
Drums:KEISUKE KOMORI
MASANORI KOYANAGI from LINDBERG (by the courtesy of TOKUMA JAPAN)
Additional Keyboads:HITOSHI TAKABA
Piano:AKIRA ONOZUKA from DIMENSION (by the courtesy of BMG ROOMS)
Sax:KAZUKI KATSUTA from DIMENSION (by the courtesy of BMG ROOMS)


Produced by MASAO AKASHI
MANISH
MISUZU TAKAHASHI on Vocal
MARI NISHIMOTO on Keyboards
Directed by RYOICHI TERASHIMA (Being)
FUMIKAZU TAKENAKA (Being)
TAKAAKI AIZAWA (PUBLIC IMAGE)
Recorded & Mixed by Macoteau T. (BIRDMAN)
NAOKI"J"YOMOGIDA (BIRDMAN)
Assisted by HIROYUKI KUBOTA (BIRDMAN)
Mixed & Recorded at STUDIO BIRDMAN, MOD STUDIO BEING,
GARDENIA STUDIO, T's STUDIO, VOX RECORDERS
Creative Director:KENICHI SUZUKI (Be Planning)
Design:KOICHI TOMINUKI (Be Planning)
Photographer:KEITA HAGINIWA
Stylist:ICHIKO YASUI (Aim)
SYNCHRO CROSSINGS
Hair & Make-up:YUKO MIYAZATO
Co-ordinator:TAKAMITSU KASHIWA (Be Planning)
Artist Management:SUMIE NAEDA (Stardust Promotion)
Promotion Office:Ading
Supervisor:MASAO NAKAJIMA (Being)
TAKESHI OKAMOTO (PUBLIC IMAGE)
Thanks to TAKESHI HONDA (Levo)
Special Thanks to YOSHIRO HOSONO (Stardust Promotion)
Executive Producer:MASAO YOSHIDA (TV ASAHI Music)
KEISUKE TSUKIMITSU (PUBLIC IMAGE)

脚注 編集

  1. CD NEWS」でアルバムが紹介された際に、MCの浜家優子が制作エピソードとして制作期間についてコメントしている。

テンプレート:MANISH テンプレート:Album-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki