FANDOM


G4
GLAYシングル
収録アルバム LOVE IS BEAUTIFUL
A面 ROCK'N'ROLL SWINDLE
誰かの為に生きる

LAYLA
リリース 2006年7月12日
ジャンル ロック
J-POP
時間 19分4秒
レーベル 東芝EMI
プロデュース GLAY
田村克也
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2006年度年間57位(オリコン)
GLAY シングル 年表

<span />

SCREAM
(GLAY×EXILE)
2005年
G4
2006年
ANSWER
(GLAY feat. KYOSUKE HIMURO)
(2006年)

G4』(ジーフォー)は、日本のロックバンドGLAY2006年7月12日にリリースした通算33作目のシングル。

GLAY ROCK'N'ROLL SWINDLE04:05

GLAY ROCK'N'ROLL SWINDLE

概要 編集

  • ホワイトロード」以来1年7か月ぶり(キャピトル・レコード第一弾)のシングルである。
  • 『G4』の意味は、「4曲入り」「GLAYの4人」「GLAY for〜(GLAYから〜)」など様々な捉え方がある。
  • 「ROCK'N'ROLL SWINDLE」、「LAYLA」の2曲は、2月に行われた日本武道館のライブで初披露された。
  • オリコンの週間チャート連続1位は途切れたものの、初動売上は、GLAYとしては2003年10月発売の「BEAUTIFUL DREAMER/STREET LIFE」以来の水準である。

収録曲 編集

全曲 作詞・作曲:TAKURO 編曲:GLAY & 佐久間正英

  1. ROCK'N'ROLL SWINDLE
    2006年2月の日本武道館ライブのタイトルにもなった曲。最初に披露されたのは前年12月のwhite band FES.(当時は「どしゃ降り」という仮タイトルがつけられていた)。タイトルの元ネタはセックス・ピストルズのドキュメンタリー映画『THE GREAT ROCK'N'ROLL SWINDLE』で「SWINDLE」とは詐欺という意味で「俺達はロックンロールに騙されたのかもしれないけど、大好きだからこれからもやっていこう」という意味合いが込められている。PVは荒野で撮影された。テレビ披露は『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』、『ミュージックステーションスーパーライブ2006』、『Music Lovers』。永井利光が参加したシングルバージョンとLOUDNESS樋口宗孝が参加したアルバムバージョンがあるが、シングルバージョンは当シングルのみに収録されている。
    2009年の映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ」主題歌で、使用されているのはアルバムバージョン。
  2. 誰かの為に生きる
    TBS系『J-SPORTS・スーパーサッカーPLUS』エンディングテーマ。2004年の「Blue Jean」と同時期に制作されていた。ちなみに、翌年発売のアルバム『LOVE IS BEAUTIFUL』には唯一収録されなかった。テレビ披露は『CDTV』のみ。ドラムで樋口宗孝が参加。
  3. PVは紀里谷和明が担当。「同性愛」や「背徳愛」など当人曰く「『恋』の深いところ、エグいところまでちゃんと表現したい」とのこと。シンプルさを心がけて作られた。テレビ披露は『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』、『僕らの音楽』。ドラムで青山純が参加。
  4. LAYLA
    武道館ライブの時より、POP調なアレンジに変わっている。テレビ披露は『ミュージックステーション』、『1億3000万人が選ぶベストアーティスト』、『僕らの音楽』。また、前者番組にて本来2005年にシングルとしてリリースする予定だったことも明かした。ドラムで江口信夫が参加。

収録アルバム 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:GLAY

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki