FANDOM


ANSWER
GLAY feat. KYOSUKE HIMUROシングル
リリース 2006年8月2日
ジャンル ロック
J-POP
時間 5分14秒
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 織田哲郎
TAKURO
プロデュース GLAY feat. KYOSUKE HIMURO
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2006年度年間43位(オリコン)
GLAY 年表

<span />

G4
2006年
ANSWER
(2006年)
夏音/変な夢 〜THOUSAND DREAMS〜
(2006年)
<span />
氷室京介 年表
EASY LOVE/BITCH AS WITCH
(2006年)
ANSWER
(2006年)
SWEET REVOLUTION/IN THE NUDE
〜Even not in the mood〜

(2006年)
</td></tr>

ANSWER』(アンサー)は、日本ロックバンドGLAYと日本のミュージシャン氷室京介2006年8月2日にリリースしたGLAY feat. KYOSUKE HIMURO名義のシングル。

解説 編集

  • GLAYにとっては、前年のGLAY×EXILEに続くGLAYのコラボレーション・シングル第2弾。「SCREAM」以来、1年1か月ぶりのコラボレーションシングルであり、氷室京介にとっては「EASY LOVE」以来、半年振りとなるリリースである。
  • 今回の両者によるコラボレーションは、8月5日・6日に味の素スタジアムで行われたジョイント・ライブ『SWING ADDICTION』がきっかけ。ライブに向けての準備が進む中、「曲も一緒に作りたい」というGLAY側の秘めた想いを氷室側が汲んだことで実現した。作詞と共同アレンジ、コーラスは氷室とは親交が深い織田哲郎が、作曲はGLAYのTAKUROが行った。レコーディングは4月下旬から開始され、日本とロサンゼルスの氷室のスタジオとで並行して行われていた。
  • この曲は、『SWING ADDICTION』での2日間の他、GLAYの全国ツアー『GLAY TOUR 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE 〜Re-birth〜』の京都公演で、氷室京介がWアンコールで登場し、披露した。
  • また、2008年に行われた氷室の全国ツアー『KYOSUKE HIMURO 20th anniversary TOUR 2008 JUST MOVIN' ON -MORAL~PRESENT-』の札幌公演2日目で、GLAYがアンコールで登場し、『ミニSWING ADDICTION』と題し、「ANSWER」と「SUMMER GAME」と披露している。
  • GLAYのインディーズ時代のデモテープ『SPEED POP』に同名の楽曲が収録されているが、全く異なる曲である。
  • PVのロケ地は、LAシアター。かつては、映画「マン・オン・ザ・ムーン」や「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」、「シンデレラマン」もここで撮影された

収録曲 編集

通常盤(Pケース仕様) 編集

  1. ANSWER
    • 作詞:織田哲郎 / 作曲:TAKURO / 編曲:GLAY、織田哲郎
  2. ANSWER (inst.)

通常盤(紙ジャケット仕様) 編集

  1. ANSWER
    DVD A(「ANSWER」PV+メイキング映像収録)付。

5万枚限定スペシャルトールケース仕様 編集

  1. ANSWER
    DVD B(「ANSWER」PV)&スペシャルブックレット付。

収録アルバム 編集

レコーディング参加 編集

TERU & Kyosuke Himuro on Vocal
TAKURO & HISASHI on Guitar
JIRO on Bass
Drums:Yuichi Togashiki
Programming & Chorus:Tetsuro Oda (by the coutesy of UNIVERSAL J)


テンプレート:Single-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki