FANDOM


テンプレート:Otheruses

</td></tr>
5TH DIMENSION
ももいろクローバーZスタジオ・アルバム
リリース 2013年4月10日
時間 67分53秒(通常盤)
レーベル スターチャイルド
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • デイリー1位(オリコン)[1]
  • 2013年4月度月間1位(オリコン)
ゴールド等認定
ももいろクローバーZ 年表

<span />

バトル アンド ロマンス
2011年

【限定販売】
ももクロ★オールスターズ2012
(2012年)
5TH DIMENSION
(2013年)
【インディーズベスト】
入口のない出口
(2013年)
5TH DIMENSION 収録の シングル
  1. 労働讃歌
    リリース:2011年11月23日
  2. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
    リリース:2012年3月7日
  3. Z女戦争
    リリース:2012年6月27日
  4. サラバ、愛しき悲しみたちよ
    リリース:2012年11月21日

5TH DIMENSION』(フィフス・ディメンション)は、ももいろクローバーZの2ndアルバム2013年4月10日スターチャイルドから発売された。

概要 編集

タイトルは英語で「5次元」を意味し、「進化」をテーマとしたコンセプト・アルバムとなった。新録曲はそれまでのグループの楽曲と趣を異にしており、ロックファンクエレクトロポップラテンミュージックなど、幅広いジャンルを取り入れている。以前からグループの取材を行ってきたSTUDIO VOICEは、それまでも新曲が出るたびに「こんなのももクロじゃない」といって賛否が分かれてきたことを踏まえ、今回のアルバムでも離れてしまう熱狂的ファンがいるかもしれないとする一方、それ以上に多くの新たなファンを獲得できると予見した。収録曲に関しては、「精神世界を追求するような自己啓発性の高い歌詞が続いて出てくる」としつつ「彼女たちのスットコドッコイなおバカ感が、過剰に作り込んだ世界を適度に台無しにしてくれる」と評した[3]

メンバーは今回のアルバムに関して、曲順にもストーリーがあるため、その順番で通して聴いてほしいと語っている[4]Rolling Stoneの日本版は、「シングル曲自体もそれ単体より、よく聴こえる構成になっている」と指摘し、「曲と曲が切り結んで互いが高め合い、アルバムとして形にする必然を強く感じさせる全13曲」だとした[5]

グループとして初めて、オリコン週間CDランキングで1位を獲得。2013年4月時点で25万枚以上を出荷し日本レコード協会・プラチナディスク認定作品となった。2013年8月4日にはアナログ盤が数量限定で発売された(LPレコード2枚組、180g重量盤)。

また、発売前にはツアーとして『ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「5TH DIMENSION」』が行われた。

収録曲 編集

1枚目 編集

  1. Neo STARGATE (ネオ スターゲート)
    作詞:森由里子、作曲:上松範康、編曲:小澤正澄
  2. 仮想ディストピア (かそうディストピア)
    作詞:只野菜摘、作曲・編曲:百田留衣
    サビが全員のユニゾンではなく2パートに分けられている曲はグループとして初めてである。フジテレビ系めざましどようび』2013年度上半期テーマソング。
  3. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
    作詞・作曲・編曲:前山田健一
    7thシングル。
  4. 5 The POWER (ファイブ ザ パワー)
    作詞:こだまさおり、作曲:佐々木收、編曲:百田留衣
  5. 労働讃歌
    作詞:玉井健二、作曲:三柴理、編曲:玉井健二・百田留衣
    6thシングル。
  6. ゲッダーン!
    作詞:玉井健二、作曲・編曲:Evan Call
  7. Z女戦争
    作詞:ティカα、作曲:たなかひろかず、編曲:ティカα・玉井健二
    8thシングル。
  8. 月と銀紙飛行船 (つきとぎんがみひこうせん)
    作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:Evan Call
    グループ初となる3拍子の曲。冒頭にはメロトロンが使用されている。
  9. BIRTH Ø BIRTH (バース オー バース)
    作詞:前田たかひろ、作曲:大堀薫、編曲:大堀薫・玉井健二)
    同じく前田たかひろが作詞した「DNA狂詩曲」のアンサーソング。
  10. 上球物語 -Carpe diem- (じょうきゅうものがたり カルペ ディエメ)
    作詞:zopp、作曲・編曲:八木沼悟志
    太陽人が「上京」ならぬ「上球」をする、つまり地球に向かうという歌詞内容。『WALKING WITH DINOSAURS』イメージソング。
  11. 宙飛ぶ! お座敷列車 (そらとぶ! おざしきれっしゃ)
    作詞:三浦徳子、作曲:佐藤晃、編曲:小澤正澄
    ナレーションで石丸謙二郎が参加している。
  12. サラバ、愛しき悲しみたちよ
    作詞:岩里祐穂、作曲・編曲:布袋寅泰
    9thシングル。シングルとはマスタリングが異なる。
  13. 灰とダイヤモンド (はいとダイヤモンド)
    作詞:只野菜摘、作曲:前山田健一、編曲:小澤正澄
    Rolling Stoneの日本版は、グループの「これまでの軌跡とこれからの未来が描かれた詞を、息遣いが聴こえるほど前に出た歌声を通して聴くと、否応なしに感動してしまう」と評した[5]

2枚目(初回限定盤Aのみ) 編集

2012年11月17日Zepp Tokyoにて開催された「ももいろ夜ばなし第一夜『白秋』」第1部のライブ音源を収録。
下記の曲に加え、吉田照美による曲紹介や、ゲストの南こうせつを交えたトークコーナーなども収録されている。

  1. 秋桜
    歌:佐々木彩夏
    山口百恵の楽曲のカバー。
  2. 初恋
    歌:百田夏菜子
    村下孝蔵の楽曲のカバー。
  3. 涙目のアリス
    歌:玉井詩織
  4. ありがとうのプレゼント
    歌:有安杏果
  5. 津軽半島竜飛崎
    歌:高城れに
  6. 襟裳岬
    歌:高城れに
    森進一の楽曲のカバー。
  7. だって あーりんなんだもーん☆
    歌:佐々木彩夏
  8. 太陽とえくぼ
    歌:百田夏菜子
  9. 少女人形
    歌:玉井詩織
    伊藤つかさの楽曲のカバー。
  10. なごり雪
    歌:有安杏果 with 南こうせつ
    かぐや姫の楽曲のカバー。
  11. 神田川
    歌:ももいろクローバーZ with 南こうせつ
    かぐや姫の楽曲のカバー。
  12. あの素晴しい愛をもう一度
    歌:ももいろクローバーZ with 南こうせつ
    加藤和彦北山修」の楽曲のカバー。

DVD(初回限定盤Bのみ) 編集

  1. Neo STARGATE(ミュージック・ビデオ
  2. BIRTH Ø BIRTH(ミュージック・ビデオ)

参加ミュージシャン 編集

[ ]は演奏時間

Neo STARGATE [8:19]

仮想ディストピア [4:09]

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 [5:12]

5 The POWER [4:19]

  • Guitar & Programming:百田留衣
  • Bass:櫻井哲夫
  • Drums:小柳昌法

労働讃歌 [4:38]

ゲッダーン! [3:34]

  • Keyboads:Evan Call
  • Guitar:Michael Tompson
  • Bass:Tony Franklin
  • Drums:Carmine Appice

Z女戦争 [6:57]

月と銀紙飛行船 [5:16]

BIRTH Ø BIRTH [5:03]

  • Guitar & Programming:玉井健二
  • Bass & Synthesizer:大堀薫
  • Drums:小柳昌法

上球物語 -Carpe diem- [4:04]

宙飛ぶ!お座敷列車 [4:29]

サラバ、愛しき悲しみたちよ [5:01]

灰とダイヤモンド [6:52]

  • Drums:鎌田清
  • Bass:渡辺等
  • Piano:小野塚晃 from DIMENSION
  • Guitar & Computer Programming:小澤正澄
  • Percussion:三沢泉
  • Saxphone:勝田一樹 from DIMENSION
  • Strings Section:金原千恵子ストリングス

|}

ミュージック・ビデオ(PV)編集

曲名 注釈 外部リンク
Neo STARGATE 第1形態から第2形態に進化する様子が描かれている。監督は黒田秀樹YouTube
BIRTH Ø BIRTH 第2形態から第3形態に進化する様子が描かれている。監督は同上。 YouTube
仮想ディストピア(ライブ映像) ももいろクローバーZ 春の一大事 2013 西武ドーム大会より。 YouTube

脚注 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki