FANDOM


2012 FNS歌謡祭』(2012 エフエヌエスかようさい)は、2012年12月5日フジテレビ系列で19:00 - 23:18(JST)に生放送テレビ大分では12月9日13:00 - 17:20(JST)に放送)された通算41回目のFNS歌謡祭

概要 編集

第25回1996年) - 第33回2004年)まで司会者として、第34回2005年) - 前回まで進行役として番組に携わった川端健嗣(当時・フジテレビアナウンサー)は降板。また今回は第34回から前回まで設けられていた進行役が廃止となった。

視聴率は平均18.3%だったが、2012年民放音楽番組最高視聴率を記録した。瞬間最高は22.8%(22:47)だった[1]。瞬間最高視聴率は山下智久の「愛、テキサス」歌唱時。

当日のステージ 編集

2007年から芸能活動を休業していた華原朋美が本番組で活動再開。なお、本番組にはかつての華原のプロデューサーで交際していた小室哲哉も出演(華原と小室の共演はなし)。また、翌年の『2013 FNS歌謡祭』では、15年ぶりの共演が実現した。

出演 編集

司会者 編集

出演アーティスト 編集

全83組出演。

相川七瀬、abingdon boys school、安全地帯、いきものがかり、石井竜也、 石川ひとみ、伊藤かな恵、AKB48、EXILE、Every Little Thing、 GARNET CROW、加藤ミリヤ、華原朋美、Kis-My-Ft2、吉川友、 ℃-ute、KinKi Kids、久保田利伸、倉木麻衣、栗林みな実、GLAY、 香西かおり、倖田來未、郷ひろみ、ゴールデンボンバー、ゴスペラーズ、 コブクロ、小松未可子、小柳ゆき、近藤真彦、さだまさし、 THE ALFEE、シェネル、柴咲コウ、渋沢葉、清水翔太、 JUJU、新谷良子 with PBB[2]、スキマスイッチ、SCANDAL、鈴木雅之、 スフィア、竹達彩奈、舘ひろし、谷村新司、田村直美、TRF、 T-BOLAN、デーモン閣下、テゴマス、doa、DOES、 TOKIO、徳永英明、とんねるず、中川翔子、なついろ、 新垣里沙、西野カナ、乃木坂46、花澤香菜、浜崎あゆみ、 B’z、氷川きよし、久松史奈、平井堅、V6、 藤井フミヤ、FLiP、PRINCESS PRINCESS、Base Ball Bear、Berryz工房、 堀内孝雄、槇原敬之、松田樹利亜、水樹奈々、Mr.Children、 miwa、ももいろクローバーZ、森高千里、山下智久、YUI、 ゆず、LOVE PSYCHEDELICO

その他 編集

小倉智昭

ゲスト 編集

天海祐希香里奈菅野美穂深田恭子吉田沙保里

スタッフ 編集

  • 制作:港浩一
  • 音楽:武部聡志
  • 構成:山内浩嗣
  • 美術プロデューサー:塩入隆史、楫野淳司
  • デザイン:YUKIE WICKSON(越野幸栄)
  • アシスタントデザイナー:邨山直也
  • 美術進行:鈴木真吾、内山高太郎、西嶋友里
  • 大道具:引馬幹晴、山井勝人、松尾茂毅、篠本匡介
  • アートフレーム:三浦文裕
  • 電飾:久光義紀、渡辺信一
  • アクリル装飾:永山淳
  • 特殊装置:樋口真樹
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • メイク:久保田裕子
  • 楽器:島津哲也(サンフォニックス)
  • LED:石野創太、宇佐美良(東京チューブ)
  • 技術プロデューサー/カメラ:米山和孝
  • SW:障子川雅則
  • 音声:太田宗孝
  • 映像:平洋太
  • 照明デザイン:植松晃一
  • 照明:安達浩也(PRGアジア)、中村貞敏・奥山大介(共にFLT)
  • 音響:松田勝治(サンフォニックス)
  • クレーン:明光セレクト、三和プロライト、SIS
  • 中継技術:永野進
  • 音響効果:中田圭三・若月正幸(共に4-Legs
  • 編集:財城敬(IMAGICA
  • MA:石川英男(IMAGICA)
  • CG:古畑志展(mosutec)、松本幸也(orb)、渡辺之雄
  • 音楽コーディネート:吉田奈生、長尾綾子
  • 振付:カーニバル三浦JUN
  • 編成:永竹里早
  • 広報:加藤麻衣子
  • 運営:椎名貴一(CELL
  • webマスター:鬼熊陽一郎
  • TK:石原由季、平野美紀子
  • 送出ディレクター:塩谷亮
  • 中継ディレクター:松永健太郎
  • respects:石田弘
  • プロデューサー:冨田哲朗、黒木彰一、石川綾一山本布美江
  • 制作プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子
  • アシスタントプロデューサー:加藤万貴、福井倫子
  • アドバイザー:板谷栄司[3]
  • アシスタントディレクター:島田和正
  • フロアディレクター:大野悟、後藤夏美
  • チーフプロデューサー:きくち伸
  • 演出:浜崎綾[4]
  • 技術協力:八峯テレビ共同テレビジョン、サンフォニックス、田中電設、共立、日本テックトラスト、三穂電機、KDDIFLT、PRG
  • 協力:グランドプリンスホテル新高輪、ハーフトーンミュージック、イースト・エンタテインメント
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター/音組
  • 制作著作:フジテレビ

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. いずれも関東地区ビデオリサーチ社調べ
  2. 参加メンバーは新谷良子、R・O・N、宮崎誠、川崎哲平、宮上元克、大楠雄蔵
  3. 2011年までは演出を担当していた。
  4. 2011年まではフロアディレクターを担当していた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki