Fandom

LOOKING Wiki

2011 FNS歌謡祭

2,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント1 シェアする

2011 FNS歌謡祭』(2011 エフエヌエスかようさい)は、2011年12月7日フジテレビ系列で19:00 - 23:18(JST)に生放送テレビ大分では12月11日の13:00 - 17:20(JST)に放送)された通算40回目のFNS歌謡祭

Img 63129 7417350 0.jpg

概要 編集

通算40回記念の『FNS歌謡祭』である。前回土曜日での放送となったが、今回は12月の第1土曜日(3日)にワールドカップバレーの中継が入ったことと、水曜19:00枠が『クイズ!ヘキサゴンII』の唐突な打ち切りと3ヶ月間『水曜スペシャル』の調整もあったためか、第38回2009年)以来2年ぶり水曜日の放送。以降も水曜日の放送となっている。

テーマは前回に引き続き「最強のコラボレーション」である。

司会は草彅剛SMAP)・高島彩で、このコンビは後述する特別編2回でも司会を担当している。高島はフジテレビアナウンサーとして前回まで5年連続で進行役を担当しており、フジテレビを退社しフリーアナウンサーとして初めて司会を務めた。進行役は例年通り川端健嗣が務めた(川端の出演は公式サイトには記載されていない)。

視聴率は平均19.9%、2011年民放音楽番組最高視聴率を記録した。瞬間最高が26.0%(21:54・55)だった(いずれも関東地区ビデオリサーチ社調べ)。

なお、フジテレビでは3月に『FNS音楽特別番組 上を向いて歩こう 〜うたでひとつになろう日本〜』、8月に『FNS歌謡祭 うたの夏まつり2011』と『FNS歌謡祭』の特別編を放送している。

第25回1996年) - 第33回2004年)まで司会者として、第34回2005年) - 今回まで進行役として番組に携わった川端は今回を最後に降板となった。また今回を最後に第34回から設けられていた進行役が廃止となった。

当日のステージ 編集

披露される楽曲数は81曲となった(2011年12月2日放送分の『僕らの音楽 Our Music』で先に明言)他、61組のコラボが実現した。披露楽曲の増加により、過去VTRがほとんどなかった(放送前にチーフプロデューサーのきくち伸が自身のブログでリークしていた)。

KARA東方神起BoAK-POP勢から3組が出演。このことを複数の韓国メディアが報じており、特に少女時代の本番組でのパフォーマンスを「少女時代が完ぺきな舞台でセクシーカリスマ爆発」「少女時代の魅力が日本を熱狂させた」などと伝えている。なお、韓国メディアは『FNS歌謡祭』を読売テレビ制作・日本テレビ系列『ベストヒット歌謡祭』、NHKNHK紅白歌合戦』と並ぶ「日本三大歌謡祭」と言われる大イベントと紹介している(『サーチナ』12月8日付)。

司会の高島彩とこの年10月に入籍した北川悠仁が在籍するゆずも例年通り出演し、高島・北川の夫婦双方出演且つ結婚後の夫婦初共同出演となった。だが、直接共演するシーンはなく、番組の最後に郷ひろみ平井堅などが「高島さん、おめでとうございます」とコメントしたり、北川の方を指差していたが、それをスルーする形で番組は終了した。翌8日放送分の『情報プレゼンター とくダネ!』では小倉智昭がこの場面について触れており、自身の隣りに北川が居たため、「マイクを向けられたら『北川君、おめでとう』と言おうと思ったが、できなかった」と話していた。

徳永英明と和田アキ子は2年連続で『あの鐘を鳴らすのはあなた』をコラボ歌唱。和田は前回の歌唱の際に歌詞間違いをしていたが、今回は間違えなしで歌い切り、歌唱終了後にガッツポーズをした。舞台袖のインタビューでは「リベンジを果たした」と述べた。

AKB48等の18歳未満のアーティストは20~22時以降は退席(ただし、18歳以上になったアーティストはそれ以降も出演)。

がんばろうニッポン「愛は勝つ」シンガーズ 編集

トップバッターとしてKAN「愛は勝つ」を披露。これは東日本大震災のチャリティーソングとして発表したためである。出演アーティストは因幡晃、加藤紀子、KAN、吉川友、里田まい、杉田二郎、高橋愛、高山巌、谷村有美、中島卓偉、はたけ(シャ乱Q)、ばんばひろふみ、松井絵里奈、清水佐紀、嗣永桃子、須藤茉麻、夏焼雅(以上、Berryz工房)、萩原舞(℃-ute)、真野恵里菜、松浦亜弥、モーニング娘。、ドリームモーニング娘。、ゆいかおりである。

また、テーマに因んで他アーティストとの共演もしている。その例は以下の通り

  • 高橋愛、松浦亜弥+伊藤かな恵、豊崎愛生(スフィア)、白石乃梨(Caos Caos Caos)
  • 萩原舞(℃-ute)、小倉唯(ゆいかおり)+松田樹利亜、前田亜美(AKB48)、福原遥
  • 清水佐紀・嗣永桃子(Berryz工房)+高橋みなみ・板野友美・前田敦子・柏木由紀(AKB48)、寿美菜子(スフィア)、RINA(SCANDAL)
  • モーニング娘。+田村ゆかり→茅原実里
  • 新垣里沙(モーニング娘。)+FLiP、HARUNA(SCANDAL)、西野カナ、小嶋陽菜・秋元才加・大島優子・梅田彩佳(AKB48)

という組み合わせで行われた。

出演 編集

司会者 編集

進行役 編集

出演アーティスト 編集

全73組。

AI、相川七瀬、浅井健一、嵐、ALTIMA、 伊藤かな恵、岩崎宏美、w-inds.、AKB48、EXILE、 大澤誉志幸、Caos Caos Caos、KARA、がんばろうニッポン「愛は勝つ」シンガーズ、Kis-My-Ft2、 吉川晃司、KinKi Kids、久保田利伸、倉木麻衣、栗林みな実、 GLAY、CHEMISTRY、郷ひろみ、ゴスペラーズ、 三代目 J Soul Brothers、Chicago Poodle、Jeepta、serial TV drama、JUJU、 SCANDAL、鈴木雅之、ステレオポニー、SPEED、スフィア、 Sexy Zone、谷村新司、田村直美、田村ゆかり、茅原実里、 T.M.Revolution、東方神起、DOES、TOKIO、徳永英明、 中川翔子、西野カナ、B’z、B.B.クィーンズ、氷川きよし、 BEGIN、平井堅、平原綾香、V6、飛蘭、 福原遥、布施明、FLiP、BREAKERZ、BoA、 槇原敬之、松崎しげる、松田樹利亜、水樹奈々、南こうせつ、 miwa、森重樹一、矢井田瞳、ゆず、LOVE PSYCHEDELICO、 和田アキ子、渡瀬マキ、WaT

その他 編集

小倉智昭

ゲスト 編集

貴乃花光司米倉涼子内藤大助明石家さんま

スタッフ 編集

  • 制作:港浩一
  • 音楽:武部聡志
  • 構成:山内浩嗣
  • 美術プロデューサー:宮崎かおる、塩入隆史、楫野淳司
  • デザイン:YUKIE WICKSON(越野幸栄)
  • アシスタントデザイナー:邨山直也
  • 美術進行:鈴木真吾、内山高太郎、西嶋友里
  • 大道具:引馬幹晴、山井勝人、松尾茂毅、篠本匡介
  • アートフレーム:三浦文裕
  • 電飾:斉藤誠二、渡辺信一
  • アクリル装飾:永山淳
  • 特殊装置:樋口真樹
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • メイク:久保田裕子
  • 楽器:島津哲也(サンフォニックス)
  • LED:齋藤淳之介(東京チューブ)
  • TD/SW:児玉洋
  • SW:障子川雅則
  • カメラ:米山和孝、小川経一
  • 音声:太田宗孝
  • 映像:梅川修三
  • 照明デザイン:植松晃一
  • 照明:安達浩也(PRGアジア)、奥山大介(FLT)
  • 音響:松田勝治(サンフォニックス)、山本祐介(共立)
  • CA:鈴木俊輔(田中電設)
  • クレーン:明光セレクト、ダブルビジョン、三和プロライト、SIS、レントアクト昭特
  • 音響効果:中田圭三・若月正幸(4-Legs
  • 編集:平原卓治(IMAGICA
  • MA:石川英男(IMAGICA)
  • CG:古畑志展(mosutec)、松本幸也(orb)、渡辺之雄
  • 音楽コーディネート:吉田奈生、長尾綾子
  • 編成:佐藤未郷
  • 広報:加藤麻衣子
  • TK:石原由季、平野美紀子
  • respects:石田弘
  • 送出ディレクター:塩谷亮
  • 編集ディレクター:仮屋隆典、畑川渉
  • アシスタントプロデューサー:福井倫子、加藤万貴
  • 制作プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子
  • フロアディレクター:浜崎綾、大野悟、後藤夏美
  • プロデューサー:冨田哲朗、佐々木将、石川綾一、黒木彰一
  • チーフプロデューサー:きくち伸
  • 演出:板谷栄司
  • 技術協力:八峯テレビ共同テレビジョン、サンフォニックス、共立、日本テックトラス、三穂電機、FLT、PRGアジア
  • 協力:グランドプリンスホテル新高輪、ハーフトーンミュージック、イースト・エンタテインメント
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター/音組
  • 制作著作:フジテレビ

脚注 編集

テンプレート:Tv-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki