FANDOM


2010 FNS歌謡祭』(2010 エフエヌエスかようさい)は、2010年12月4日フジテレビ系列で19:00 - 23:10(JST)に生放送テレビ大分では12月12日の13:00 - 17:10(JST)に放送)された通算39回目の『FNS歌謡祭』。

概要 編集

  • 今回のテーマは「最強のコラボレーション」である。
  • 前回まで5年連続で司会を務めていた黒木瞳が司会を外れ(理由は言及されなかったが、おそらく同時期に愛知県名古屋市で自身の座長舞台が開催されたため。黒木は第40回2011年)にも起用されずそのまま降板となった)、SMAP草彅剛の単独司会となる。『FNS歌謡祭』における単独司会は第37回2008年)での黒木以来だが、男性では史上初。男性のみの司会体制は第18回1989年)以来21年ぶり4回目。
  • 第32回2003年)以降、第1水曜日での放送となっていたが、今回は『クイズ!ヘキサゴンII』や『はねるのトびら』、2010年10月改編で水曜日21時へ移動してきた『ホンマでっか!?TV』など、水曜日の人気レギュラー番組の改編期以外の休止を極力避けるため、放送日が第1土曜日に移動された。この影響から、放送時間も8分短縮の19時から23時10分[1]までに変更され、例年同時期に開催の『K-1グランプリ』は翌週へ開催が延期された。
  • 当番組史上初の土曜日のゴールデンタイムに移動となったことで、フジテレビが土曜18時台前半に放送している『MUSIC FAIR』の当日放送分は生放送編成で本番組出演歌手がゲスト出演する形式となり、本番組プレ番組のような扱いであった。本番組の会場には『MUSIC FAIR』の司会者である鈴木杏樹恵俊彰ホンジャマカ)も姿を見せていた。なお、土曜日のゴールデンタイムの編成を日本テレビ系列に定めているため本番組を同時ネットできないクロスネット局テレビ大分でもこの回の『MUSIC FAIR』は通常通り同時ネットで放送された(なお、本番組は先述の通り後日時差ネットされた)。
  • 平均視聴率は21.7%で第26回2007年)以来3年ぶりの20%越えを果たした。2010年民放音楽番組最高視聴率を記録し、民放音楽番組唯一の20%超であった。また瞬間最高視聴率は20時59分頃「感動の名曲集PART2」で29.4%だった。(いずれも関東地区ビデオリサーチ調べ)
  • 今回まで5年連続で進行役を務めた高島彩(本番組直後にフジテレビを退社しフリーアナウンサーに転身)はフリーの立場で第40回の司会に起用された。
  • 演歌勢での出演は2年ぶりとなり、坂本冬美と氷川きよしの2人に留められた。

当日のステージ 編集

出演者 編集

司会 編集

進行役 編集

出演アーティスト 編集

いきものがかり石井竜也伊藤由奈WEAVERAKB48EXILEOLIVIAGARNET CROWGIRL NEXT DOOR加山雄三菊池桃子KinKi Kids久保田利伸倉木麻衣Crush TearsGRANRODEO、クレイジーケンバンド、倖田來未郷ひろみコブクロ近藤真彦坂本冬美椎名へきるJUJU少女時代Superfly、SCANDAL、鈴木雅之、スフィア、スマイレージSM☆SHSMAP田村直美TUBE、つるの剛士、TOKIO徳永英明西野カナ畑亜貴秦基博B'z氷川きよし久松史奈平井堅ビリーバンバンV6、FLiP、My Little Lover槇原敬之松田樹利亜松本梨香真野恵里菜、南こうせつ、宮野真守miwa、森山良子、遊助、ゆず和田アキ子WaT

ゲスト 編集

小倉智昭菅野美穂黒木メイサ、恵俊彰、鈴木杏樹

スタッフ 編集

  • 制作:港浩一
  • 構成:山内浩嗣
  • 音楽:武部聡志
  • 美術プロデューサー:宮崎かおる、井上幸夫
  • デザイン:YUKIE WICKSON(越野幸栄)
  • 美術進行:鈴木真吾、楫野淳司
  • 大道具:引馬幹晴、松尾茂毅、山井勝人、篠本匡介
  • アートフレーム:三浦文裕
  • 電飾:齋藤誠二、渡辺信一
  • アクリル装飾:土屋祥太、永山淳
  • 特殊装置:樋口真樹
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • メイク:久保田裕子
  • 楽器:島津哲也(サンフォニックス)
  • LED:宇佐美良
  • フラワーアレンジ:MONCEAU FLEURS、風花東京、アリストフロー
  • TD:児玉洋
  • SW:障子川雅則
  • カメラ:米山和孝、小川経一
  • 音声:太田宗孝
  • 映像:大森克信
  • 照明デザイン:植松晃一
  • 照明:安達浩也(PRGアジア)、奥山大介(FLT)
  • PA:松田勝治(サンフォニックス)、山本祐介(共立)、鈴木俊輔(田中電設)
  • クレーン:明光セレクト、ダブルビジョン、三和プロライト、SIS、レントアクト昭特
  • 音響効果:中田圭三・若月正幸(4-Legs
  • 編集:平原卓治・井上三郎(IMAGICA
  • MA:石川英男(IMAGICA)
  • CG:松本幸也(orb)、古畑志展(MEDIACO)、渡辺之雄
  • 音楽コーディネート:吉田奈生、長尾綾子
  • 編成:高瀬敦也
  • 広報:鈴木麻衣子
  • TK:石原由季、平野美紀子
  • ex.Producer:石田弘
  • 送出ディレクター:塩谷亮
  • 編集ディレクター:仮屋隆典、井ノ上龍登
  • アシスタントプロデューサー:福井倫子、加藤万貴、後藤夏美
  • 制作プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子
  • フロアディレクター:浜崎綾
  • プロデューサー:冨田哲朗、佐々木将、石川綾一
  • チーフプロデューサー:きくち伸
  • 演出:板谷栄司
  • 技術協力:八峯テレビ共同テレビジョン、サンフォニックス、共立、ゼネラル通商、FLT、PRGアジア、三穂電機
  • 協力:グランドプリンスホテル新高輪、ハーフトーンミュージック、イースト・エンタテインメント、CELL(現:ドワンゴコンテンツ
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター / 音組
  • 制作著作:フジテレビ

脚注 編集

  1. この内21:00 - 23:10は『土曜プレミアム』枠だが、当番組は『土プレ』扱いはされなかった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki