FANDOM


道重 さゆみ
基本情報
出生名 道重 さゆみ
愛称 さゆ
さゆみん
シゲさん
親方
みにしげさん
出生日 1989年7月13日(28歳)
血液型 A型
出生・出身地 日本の旗 日本 山口県宇部市
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2003年 -
レーベル zetima
事務所 アップフロントプロモーション
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
モーニング娘。おとめ組
H.P.オールスターズ
続・美勇伝
ハロー!プロジェクト モベキマス
エコモニ。
あややムwithエコハムず
メトロラビッツH.P.
公式サイト ハロー!プロジェクト公式サイト
公式プロフィール

道重 さゆみ(みちしげ さゆみ、1989年7月13日 - )は、日本アイドルタレントであり、女性アイドルグループ、女性ダンス&ボーカルグループモーニング娘。の第6期メンバー・第8代目リーダー、およびハロー!プロジェクトの第4代目リーダーである[1]。愛称は、さゆさゆみんシゲさん親方[2]みにしげさんなど。

山口県宇部市出身。アップフロントプロモーション[3]所属。

略歴 編集

2002年

  • 12月 - 翌年1月19日の「LOVEオーディション2002」において応募総数約1万4千人の中から亀井絵里田中れいなと共に合格。
    オーディション時に行われた一般視聴者による美少女国民投票では得票数「6,486票」で第6位に位置していた。オーディションでつんく♂から「この子自体が作品やな」と言われ、その特異なキャラクターを評価される。オーディション合格時、地元の地方紙ウベニチ新聞』では住所(町名まで)や、当時通学していた中学校の校名まで報道された。また、もう一つの地元新聞である『宇部時報』でも顔写真と担任のコメント入りで紹介された。

2003年

  • 3月・5月、オーディション組6期メンバー3名にてファンクラブ限定握手会を東京国際展示場(東京ビッグサイト)などで開催。東京ビッグサイトでは約7千人の来場者を動員。
  • 5月5日、モーニング娘。ライブツアー2003年春さいたまスーパーアリーナ公演にてステージデビュー。
  • 7月30日、モーニング娘。19thシングル「シャボン玉」でCDデビュー。
  • 9月18日、モーニング娘。おとめ組に加入。
  • 10月7日、ソロとしては初のレギュラー番組『Mの黙示録』に出演開始。
  • 12月31日、第54回NHK紅白歌合戦に初出演。同年齢の田中れいなとともに、平成生まれとしては史上初の紅白出演を果たす。

2004年

2005年

  • 5月6日、7期メンバー久住小春の教育係を担当。

2006年

2007年

2008年

  • 12月よりアーティスト活動と並行しバラエティ番組など多方面への進出を開始。

2010年

  • 2月9日、公式ブログを開始。
  • 4月22日、地上波のレギュラー番組としてTBS(関東ローカル)で『あいまいナ!』開始。
  • 8月21日、スカパーchアニマックスで『ボイスパワー2010』のメイン司会を務める。
  • 12月15日、ブログ開始から約10か月で1億アクセスを突破。

2011年

2012年

  • 1月11日、日本テレビ系列の連続ドラマ『数学♥女子学園』にて田中れいなとともに初の主演を務める。
  • 2月14日、サンリオの人気キャラクター「シナモロール」の誕生10周年を記念し、自身の作品「さゆうさ」と「シナモロール×道重さゆみ」のコラボレーション商品をプロデュース発売。
  • 5月18日、日本武道館で開催された『モーニング娘。コンサートツアー2012春 〜ウルトラスマート〜 新垣里沙・光井愛佳 卒業スペシャル』にてモーニング娘。第8代目リーダーに就任することが発表された[4][5]
  • 5月19日、モーニング娘。第8代目リーダーに就任。
  • 11月28日、吉野家新商品発表会の記者会見を行い、スギちゃんと共に『焼鳥つくね丼』の販売促進PRをした。

2013年

  • 1月30日、52ndシングル「Help me!!」で、モーニング娘。のリーダーに就任後初めてオリコンチャート週間1位を獲得。ブログでファンに感謝のコメントを掲載した。
  • 2月2日、吉野家東京西五反田一丁目店にて『焼鳥つくね丼大ヒット感謝ファンイベント』を開催。そのイベント中、一日店長を務める。
  • 2月7日、ソロ名義としては初のCM『ハンゲーム(NHN Japan) ドラゴンネスト「ステージ3秒前」編』に出演。
  • 2月17日、9冊目の写真集『美ルフィーユ』を発売。文教堂書店渋谷店とイオンモールKYOTOで握手会を開催。
  • 8月1日、道重さゆみプロデュース「ハロリのいちごシフォンケーキ」を、銀座コージーコーナーとコラボし、全国のコージーコーナー(約400店舗)で販売。[販売期間:8月2日-8月29日]
  • 10月12日、自身のモーニング娘。在籍期間が3920日となり、前日まで在籍期間第1位だった新垣里沙を抜き単独1位となった[6][7]

2014年

  • 1月2日、自身のモーニング娘。在籍期間が4001日となり、モーニング娘。歴代メンバー史上初の4000日越えの在籍メンバーとなった[8]

人物 編集

テンプレート:雑多な内容の箇条書き

家族構成 編集

  • 家族は両親と兄、姉(1男2女の末っ子)と祖父と祖母。
  • 姉と非常に仲が良い。姉と同居していた時は、一緒に風呂に入っていた。兄もおり、トークの場では話題のネタになることが多い。
  • オーディション合格と同時に母親と上京。以後東京では母親と二人暮らしをしている。一時期は姉を含めた3人で同居していた時期もある。
  • 増上寺第79代法主・道重信教高祖父の弟[9][10]

性格、身体 編集

  • テレビ露出が増えるにつれ毒舌とナルシストさをより前面に押し出すようになり、近年でもそのキャラクターを貫いている。またぶりっ子とも自称している。
  • その反面、非常に精神的にナイーブな部分も持ち合わせており、度々自身のブログに仕事上の悩みや苦悩を書き連ねることがある。
  • 性格についての本人談は「素はガチで暗い[11]「本当の本当の性格は暗い。外出せずに家でパソコンばかりやっている」[12]という評価をしている。
  • デビュー当時の身長は156cmだったが、2012年時点では160cmになっており[13]、モーニング娘。の現メンバーの中では最も長身である。エコモニ。では、道重よりも背の低い石川梨華が帽子をかぶることによって、背の高さを道重に合わせている。
  • 歌が苦手で、音程の存在も知らなかった[14]
  • 運動も大の苦手で、『Hello! project sports festival 2006』では運動能力最下位を決める「サバイバルレース」で最下位になった。
  • デビュー時からずっと黒髪で、本人も「染めない」と公言している。本人いわく、「好きな顔のパーツは口の下の(左側に付いている)ホクロ」とのこと。しかし、顔にホクロが多いことは少し気にしている。「特に目が好き」と言っていたこともある[15]
  • 普段の私服は、派手なものを好まず可愛らしい服装を好んでいる。2010年時点ではブログ内にてその日に着るファッションを画像付きで披露している。
  • 身体が柔らかく、Y字バランスを得意としている。
  • 座右の銘は「感謝の気持を忘れずに」。以前は「くるもの拒まず」だったが、「それを貫こうとするあまり、周囲を気遣う余裕を失い自己嫌悪に陥った。頑張り過ぎないことを覚えて、周りへの感謝の気持ちも自然と出てきた」という[16]

趣味、嗜好 編集

  • 好きな色はピンク。モーニング娘。のメンバーイメージカラーも当然ピンクである。
  • 無類の女性アイドル好きで、さまざまな女性アイドルのブログを読むことを日課としている。
    • デビュー前は後藤真希石川梨華高橋愛に憧れていて、自宅にポスターを貼っていた。モーニング娘。との初対面では恥ずかしくて目を合わせることができなかった。
    • モーニング娘。としてデビューした後も、自分の部屋にモーニング娘。や小倉優子のポスターを貼っていた。小倉優子は最も尊敬するアイドルであると公言している。
    • Berryz工房Perfumeスマイレージ(特に元メンバーだった前田憂佳)などもお気に入りで、度々自身のラジオ番組などで話題があがる。同じハロー!プロジェクトのBerryz工房はもとより、Perfumeに関してもライブに招待され東京ドーム公演を観賞した。
    • Berryz工房メンバーの中でも、菅谷梨沙子とはメールのやり取りをするほどの親交がある[17]
    • ネットアイドルベッキークルーエルと、2010年2月雑誌の対談で共演を果たす。ベッキーを見た道重は「可愛いにも程がある」と発言していた。ベッキーもモーニング娘。の振り真似をネット上に公開するほどのファンであり、道重と共演した様子を自身のブログに掲載している。
    • 現在は同じモーニング娘。の9期、10期の若手メンバー、特に鞘師里保(9期)と佐藤優樹(10期)に夢中で彼女たちを妹のように可愛がりながらブログで頻繁に取り上げている。
  • シール集めが趣味。色々なものにシールを貼って楽しむ。眠れない夜は、収集したシールを整理することもある。
  • 好きな食べ物は明太子スパゲティチョコレートハヤシライス。尤も、ハヤシライスは本人の得意な料理の一つとして挙げられている[18](このほか、ハンバーグきんぴらごぼうも作るのが得意)。基本的に甘党であるが、カレーライスに限っては激辛を好む。豚肉の脂身も好物。嫌いな食べ物はブルーチーズ
  • 好きな漫画は『僕等がいた』『エンジェルリップ』『シュガシュガルーン』『Paradise Kiss』『名探偵コナン』など。
  • 美容院が苦手である。本人の発言によると美容院の持つ都会的な雰囲気や美容師との世間話が苦手なことがその理由である[19]
  • ミステリー小説など読書が趣味。特に、山田悠介の作品が好きで、メモリーを消すまで[20]リアル鬼ごっこ、キリン[21]、を読了したことを自身のブログで告げた。
  • 教科では算数が好き[22]
  • サンリオが大好き、特にハローキティシナモロール等の人気キャラクタを愛好している。シナモロールとのコラボが決まったときはすごく嬉しかったと語っている。
  • 「セーラ」という姉の飼い猫を溺愛し、たびたび自身のブログに写真を載せている。 ペットショップ巡りはたびたびするも責任感の強さからいまだ飼うには至らない[23][24][25]

愛称、決めポーズ 編集

  • ファンやモーニング娘。メンバーからは「さゆ」「さゆみん」と呼ばれることが多い。また、同グループ10期メンバーの佐藤優樹からは「みにしげさん」と呼ばれることが多く[26]、更に同グループ(5期以前の)先輩メンバーからは「シゲさん」「重ちゃん」と呼ばれることが多い。
    • シゲさんは吉澤ひとみに付けられた愛称だが、本人は「可愛さがないことを理由にこう呼ばれることをあまり好んでいない」と発言している[27]
  • デビュー当初からピースサインをした両手を頭の上に置き、うさぎの耳のように見せる「うさちゃんピース」が決めポーズであり、トレードマークとなっている。
  • うさちゃんピースの他に胸の前で両手でハートの形を作り、それを全方に伸ばすポーズ「ハートフラッシュ」も決めポーズの一つになっている。

交友 編集

  • 中澤裕子
    • 中澤裕子とは『Mの黙示録』で共演して以来の関係で、中澤の誕生日に一番先におめでとうメールを送ったり、甘えたりするなど、姉のように慕っている。
  • 亀井絵里
    • モーニング娘。メンバーの中では同期の亀井絵里と大親友と公にしているほど仲がいい。一緒に宇部市の実家に遊びに行ったこともあるという。
  • 石川梨華
    • 石川は道重が加入前に憧れていた先輩メンバーの内の一人である。
    • ユニット「エコモニ。」を結成している。
    • 石川の一番弟子で、後継者として指名されている。
  • 久住小春
  • 吉澤ひとみ
    • ボーイッシュなところに憧れており、曰く「白馬の王子様」。
  • 高橋愛
    • モーニング娘。加入前から高橋のファンであり、憧れの存在でもあったために加入後も実の姉のように慕っている[28]
    • レコチョクでの「自分の後継者を指名するとしたら誰ですか? 」と言う質問で、高橋に「しっかりしているし、私よりグループを上手くまとめてくれるはず」と高橋の後継者として道重が指名されている。
  • 小川麻琴
    • 家族ぐるみの付き合いをしている。
  • 明石家さんま
    • MBSのラジオ番組『ヤングタウン土曜日』に、2007年6月9日よりレギュラーパーソナリティとして共演している。
    • 普段からメールをやり取りする仲である。
    • 道重が写真集を出す度に、さんまにプレゼントしている。
  • 交友関係ではないものの、2013 FNSうたの夏祭りでは声優の戸松遥、中島愛、竹達彩奈と同学年共演を果たした。

作品 編集

映像作品 編集

  • ハロハロ!モーニング娘。6期メンバーDVD(2003年7月16日)
  • 17〜ラブハロ!道重さゆみ DVD〜(2007年7月18日)
  • LOVE STORY(2008年10月1日)
  • 20's time(2009年7月22日)
  • さゆ(2010年4月28日)
  • 道重さゆみDVD『homey』(2011年3月20日) - e-Hello!(イーハロ)シリーズ ※e-LineUP!期間限定販売[3]
  • “道重さゆみ写真集「美ルフィーユ」”メイキングDVD〜特別編集版〜(2013年3月、アップフロントワークス) - e-Hello!(イーハロ)シリーズ(e-LineUP!期間限定販売)[29]

出演 編集

テレビ番組 編集

ラジオ番組 編集

ラジオドラマ

  • ラジオドラマ ドラマの風「ガール☆ドライバー」(2005年12月4日、MBSラジオ) - 主演・愛 役

インターネット 編集

  • 第10回ハロプロビデオチャット(2005年5月20日、ハロー!プロジェクト on フレッツ)
  • ハロプロアワー#5(2006年4月28日、GyaO) MC担当
  • ハロプロアワー#6(2006年5月12日、GyaO) MC担当
  • 青空シャワー(2006年6月21日、ハロー!プロジェクト on フレッツ)
  • ハロプロアワー#15(2006年9月15日、GyaO) MC担当
  • ハロプロアワー#19(2006年11月10日、GyaO)
  • オリジナル・ショート・ドラマ 「おじぎ30度」(2006年12月、Dohhh UP!) - 地井ルルカ 役
  • 道重さゆみの『モベキマスってなに??』(2011年10月6日 - 11月24日、Ustream

映画 編集

舞台 編集

ゲーム 編集

CM、および広告活動 編集

連載 編集

  • 「ハロプロ+愛(プラス ラブ)」〜道重さゆみ責任編集 私よりカワイイ娘っているの?!〜(2012年1月18日 - 、東スポ芸能)[32]

書籍 編集

写真集 編集

所属ユニット 編集

脚注 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. モーニング娘。公式サイト プロフィールより
  3. 旧・アップフロントエージェンシー
  4. テンプレート:Cite news
  5. テンプレート:Cite news
  6. テンプレート:Cite web
  7. テンプレート:Cite news
  8. テンプレート:Cite news
  9. 道重さゆみ 増上寺の住職だった先祖の命日にヒット祈願 - スポーツニッポン2014年1月29日 20:00
  10. テンプレート:Cite web
  11. 『ハロー! チャンネル vol.2』「道重さゆみという女」2010年10月 キッズネット ISBN 978-4-04-895404-4
  12. 『ハロー!チャンネル the DVD Vol.7』「道重さゆみという女」山田悠介との対談より
  13. 道重さゆみ(モーニング娘。) 公式ブログ/めんばー 2012年5月5日閲覧
  14. j-castニュース[1]
  15. 携帯サイト『ポケットモーニング娘。』(2004年7月8日)「自分の顔で一番好きな部分は」での本人の返答
  16. 雑誌『CanCam』(小学館)2013年9月号より。
  17. テンプレート:Cite web
  18. テンプレート:Cite web
  19. FLASH』2007年4月17日号(光文社)の本人インタビュー
  20. テンプレート:Cite web
  21. テンプレート:Cite web
  22. テンプレート:Cite web
  23. テンプレート:Cite web
  24. テンプレート:Cite web
  25. テンプレート:Cite web
  26. テンプレート:Cite web
  27. 藤本美貴ブログ重さんが私に言えなかった事。。。より[2]
  28. 「ちゅー」 道重さゆみ公式ブログ(2010年4月26日閲覧)
  29. テンプレート:Cite web
  30. テンプレート:Cite web
  31. テンプレート:Cite web
  32. モー娘。道重さゆみが「東スポ芸能」で連載します:東スポWEB-東京スポーツ新聞社.2012年1月11日閲覧。
  33. テンプレート:Cite web

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki