FANDOM


裸の裸の裸のKISS/アレコレしたい!
Juice=Juiceシングル
A面 裸の裸の裸のKISS
アレコレしたい!
リリース 2014年3月19日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間 15分39秒
レーベル hachama
作詞・作曲 つんく♂
たいせい
プロデュース つんく♂
チャート最高順位
Juice=Juice シングル 年表

<span />

イジワルしないで 抱きしめてよ/初めてを経験中
(2013年)
裸の裸の裸のKISS/アレコレしたい!
(2014年)
-

裸の裸の裸のKISS/アレコレしたい!」(はだかのはだかのはだかのキス/アレコレしたい)は、2014年3月19日アップフロントワークス(hachamaレーベル)から発売された、日本の女性アイドルグループ『Juice=Juice』のメジャー3枚目のCDシングルである。当CDシングルにはラテン系の楽曲「裸の裸の裸のKISS」、メンバーの年齢層に合った楽曲「アレコレしたい!」が収録されている。

音楽性、歌詞 編集

「裸の裸の裸のKISS」の曲調は「ラテンEDM」をコンセプトとしたもので[2]フラメンコギターが取り入れられた[3]、大人っぽいものとなっている[4]。また、歌詞も大人っぽい情熱的なものとなっている[5]。タイトルについてdwango.jpは「つんく♂的な変わった魅力的なタイトル」とし[6]、メンバーの宮本佳林は「初めてタイトルを見たときは驚いてしまった」と感想を残している[5]

「アレコレしたい!」は、メンバーの年齢層に合った楽曲で「卒業の空気感や新生活が始まるワクワク感」が表現されている[5]。宮本と植村あかりが中学を卒業し、金澤朋子が高校を卒業する[7]という点でもメンバーとマッチした曲になっている[5]。曲調はロックである[2]

リリース 編集

メジャー3枚目の当CDシングル[8]は、2014年1月30日にハロー!プロジェクト オフィシャルサイトでリリースされることが発表された[9]。今作も両A面シングルとなっている[9]。その後、2014年3月19日には発売日を迎えた[8]

当シングルは初回生産限定盤A・同B・同C・通常盤A・同Bの5タイプが発売されており、初回生産限定盤A・B・CにはDVDが付属している[8]。また、初回生産限定盤A・B・Cにはイベント抽選シリアルナンバーカードが封入されており[10]、スペシャルイベントへの応募が可能である[11]。通常盤A・Bには、トレカサイズ生写真が封入されている[10]。また、CDショップごとのオリジナル特典も存在する[12]

ミュージック・ビデオ 編集

「裸の裸の裸のKISS」のミュージック・ビデオ(MV)は、ハロー!プロジェクトYouTubeオリジナル番組『ハロ!ステ』#56(2014年2月26日公開)で初公開された[13]。また「Dance Shot Ver.」は、『ハロ!ステ』#58(2014年3月12日公開)で初公開された[14]。いずれも、初回生産限定盤Aに付属しているDVDに収録されている[10]

「アレコレしたい!」のミュージック・ビデオは、『ハロ!ステ』#57(2014年3月5日公開)で初公開された[15]。また「Dance Shot Ver.」は、『ハロ!ステ』#59(2014年3月19日公開)で初公開された[16]。いずれも、初回生産限定盤Bに付属しているDVDに収録されている[10]

ライブ・パフォーマンス 編集

2014年2月23日、Juice=JuiceはZepp Tokyoで行われた「ハロプロ研修生 発表会 2014〜2月・3月の生タマゴShow!〜」に出演し「裸の裸の裸のKISS」を初披露した[17]。3月1日には、名古屋で行われた同公演で「アレコレしたい!」を初披露した[18]

3月21日には、サンシャインシティ噴水広場にて発売記念イベントを行った[19][20][21]。まず「裸の裸の裸のKISS」が披露された後に、ゲストの髭男爵とともに「ルネッサ〜ンス!」という音頭で、Juice=Juiceのイベントでは恒例となっている乾杯を行った[7]。さらに「ロマンスの途中」「イジワルしないで抱きしめてよ」の披露、髭男爵のひぐち君によるJuice=Juiceメンバーへのギャグの指導が行われた[21]。そして、イベントが終盤に差し掛かり「アレコレしたい!」を披露する前に、メンバーへのサプライズとして、つんく♂から電報が届けられたことが告知された[7]。メンバーが動揺する中リーダーの宮崎由加が電報を開くと「ツアーやる 成功せよ」と記載されており[21]宮本佳林を除く
メンバーは涙を流して喜んだ[4]。イベント終了後には記者会見を開き、単独ツアー開催発表に対する感想・今後の目標について答え[7]、体力不足[4][7][20]・トーク力[7][21][22][23]などを課題として挙げた。

3月27日には、NHK総合MUSIC JAPAN』に出演し[24]、3月28日には、日本テレビミュージックドラゴン』に出演した[25]。披露した曲は両番組とも「裸の裸の裸のKISS」であった[24][25]

シングル収録トラック 編集

CDシングル(初回生産限定盤A・同C・通常盤)
  1. 裸の裸の裸のKISS
    作詞・作曲:つんく♂ 編曲:平田祥一郎
  2. アレコレしたい!
    作詞:つんく♂ 作曲・編曲:たいせい
  3. 裸の裸の裸のKISS(Instrumental)
  4. アレコレしたい!(Instrumental)
CDシングル(初回生産限定盤B)
  1. アレコレしたい!
  2. 裸の裸の裸のKISS
  3. アレコレしたい!(Instrumental)
  4. 裸の裸の裸のKISS(Instrumental)
初回生産限定盤A付属DVD内容[10]
  1. 裸の裸の裸のKISS(Music Video)
  2. 裸の裸の裸のKISS(Dance Shot Ver.)
初回生産限定盤B付属DVD内容[10]
  1. アレコレしたい!(Music Video)
  2. アレコレしたい!(Dance Shot Ver.)
初回生産限定盤C付属DVD内容[10]
  1. 裸の裸の裸のKISS(Close-up Ver.)
  2. アレコレしたい!(Close-up Ver.)
  3. 裸の裸の裸のKISS/アレコレしたい!(ジャケット・MV撮影メイキング&オフショット映像)

リリース日一覧 編集

地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号
日本 2014年3月19日 hachama マキシシングル+DVD HKCN-50343(初回生産限定盤A)
HKCN-50345(初回生産限定盤B)
HKCN-50347(初回生産限定盤C)
マキシシングル HKCN-50349(通常盤A)
HKCN-50350(通常盤B)

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

注釈 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. 2.0 2.1 テンプレート:Cite web
  3. テンプレート:Cite web
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 テンプレート:Cite web
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 テンプレート:Cite web
  6. テンプレート:Cite web
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6 テンプレート:Cite web
  8. 8.0 8.1 8.2 テンプレート:Cite web
  9. 9.0 9.1 テンプレート:Cite web
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 10.4 10.5 10.6 テンプレート:Cite web
  11. テンプレート:Cite web
  12. テンプレート:Cite web
  13. テンプレート:Cite web
  14. テンプレート:Cite web
  15. テンプレート:Cite web
  16. テンプレート:Cite web
  17. テンプレート:Cite web
  18. テンプレート:Cite web
  19. テンプレート:Cite news
  20. 20.0 20.1 テンプレート:Cite web
  21. 21.0 21.1 21.2 21.3 テンプレート:Cite web
  22. テンプレート:Cite web
  23. テンプレート:Cite web
  24. 24.0 24.1 テンプレート:Cite web
  25. 25.0 25.1 テンプレート:Cite web

出典 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki