Fandom

LOOKING Wiki

第67回NHK紅白歌合戦

2,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

第67回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2016年平成28年)12月31日に放送予定の通算67回目のNHK紅白歌合戦である。

放送まで 編集

日付はいずれも2016年。

9月8日

開催が発表された。今回から第70回(2019年)まで東京オリンピックに向けテーマを「夢を歌おう」で統一することも併せて発表された[1]

11月12日

今回の司会者として、紅組:有村架純(女優)、白組:高橋克典が決定したことが発表された。通常はNHKにおいて、司会者が出席しての共同記者会見が行われるが、今回は第60回2009年)以来の2人のコメントの発表のみとなった。

11月21日

第26回NHK紅白歌合戦1975年)初出場以来、第66回(2015年)まで通算39回の出場を果たした細川たかしが、「世代交代も必要」として本年(第67回)の出場を辞退し、前年限りで紅白歌合戦から勇退する意向を明らかにした[2]

11月24日

今回の出場歌手が決定[3]。また、総合司会者には武田真一と三遊亭円楽が起用される事も併せて発表された[4]

12月7日
スペシャルゲストとしてタモリマツコ・デラックスが出演することを発表[5]
12月19日
曲目が発表された。
12月21日
ゲスト審査員が発表された[6]
12月22日
各種企画が発表された。また、今回のオープニングテーマに鷺巣詩郎B'z松本孝弘がこの番組のために共同で作曲・編曲を担当した「Fly into the Sun」を使用する事も発表された[7]
12月25日
曲順が発表された。

当日のステージ 編集

セットのコンセプトはかまくら。NHKホール全体をステージに見立てるというコンセプトで、2階席を張り出してサブステージを設営し、メインステージと行き来しながらパフォーマンスが行われる(2階ステージは第55回2004年)以来)。また、ゲスト審査員席は例年1階席最前列であるが、2階でもパフォーマンスを行う都合上、メインステージの下手側通路にカフェテラススタイルで設置する。

2011年第62回)を最後に取りやめになっていたバックバンドの生演奏が今回は復活。歌の臨場感を高めるため、4年ぶりに“生音”にこだわった。

前半 編集

後半 編集

ACE OF SPADESの歌唱後、「ポケットモンスター XY&Z」のアニメ映像が流れだすとHISASHIとEXILE TAKAHIROが「サトシのポケモンでゴジラを倒してほしい」と発すると、主人公のサトシの手持ちポケモンのピカチュウとゲッコウガ、ユリーカの手持ちポケモン、ジガルデ(呼称ではプニちゃん)がゴジラを倒すという展開にで終えた。

ゴジラの攻撃に成功した後、サプライズとしてポール・マッカートニーからのビデオメッセージが流れ、2017年に東京ドームで来日公演を行うことも発表された[8]

TOKIOは、1964年東京からリオまでのオリンピックにおける日本選手の活躍をまとめた映像がプロジェクションマッピングで映し出される中、歌唱した[9]

結果 編集

天童よしみの歌唱後、視聴者審査の途中経過として開票が行われ、その時点では紅組444,495票対白組374,460票であり、紅組がリードしていた。だが、ゆずの歌唱後に行われた途中経過では紅組922,066票対白組1,435,175票で白組が大幅にリードする格好となった。

視聴者審査の最終結果と会場審査の結果は、いずれも紅組2,527,724票対白組4,203,679票(視聴者審査)、紅組870点票白組1,274票(会場審査)であり、白組には玉がそれぞれ2個ずつ、計4個が入れられた。ゲスト審査員10名とふるさと審査員の投票結果(紅組9個対白組2個)によって最終的には紅組9個対白組6個と紅組が逆転し、前回に引き続き紅組が優勝した。紅組の連覇は第36回(1985年)以来31年振りで、平成になってからおよび21世紀になってからは初めて、対戦成績は紅組31勝、白組36勝となった。

優勝した紅組司会の有村架純に、ゲスト審査員の草刈正雄から優勝旗が授与された。

出場歌手 編集

紅組
PUFFY「アジアの純真」
刺客アイドルチーム(私立恵比寿中学チームしゃちほこLa PomPon)「手をつないで」「いいくらし」「想い出の九十九里浜」
欅坂46「サイレントマジョリティー」
miwa「結 -ゆい-」
松本梨香「XY&Z」
市川由紀乃「心かさねて」
香西かおり「すき」
椎名林檎「青春の瞬き」
℃-ute「我武者LIFE」
水森かおり「越後水源」
いきものがかり「SAKURA」
千菅春香「愛の詩 -words of love-」

(休憩)

A応P「Cotona MODE」
島津亜矢「川の流れのように」
西野カナ「Dear Bride」
AI「みんながみんな英雄」
AKB48/SKE48「メドレー」
大黒摩季「あなただけ見つめてる」
大竹しのぶ「愛の讃歌」
坂本冬美「夜桜お七」
チャットモンチー「消えない星」
高橋真梨子「ごめんね…」
三澤紗千香「ユナイト」
宇多田ヒカル「花束を君に」
片平里菜「結露」
石川さゆり「天城越え」
白組
関ジャニ∞「ズッコケ男道」
AAA「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
三山ひろし「四万十川」
山内惠介「流転の波止場」
秦基博「スミレ」
LACCO TOWER「未来前夜」
BREAKERZ「K S K」
フジファブリック「SUPER!!」
チャン・グンソク「Going Crazy」
V6「メドレー」
ゆず「見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた~」
androp「Sunny day」

(休憩)

RADWIMPS「前前前世」
the pillows「カッコーの巣の下で」
UNISON SQUARE GARDEN「パンデミックサドンデス」
五木ひろし「九頭竜川」
KinKi Kids硝子の少年
星野源「恋」
TOKIO「宙船」
ACE OF SPADES「SIN」
X JAPAN「紅」
THE YELLOW MONKEY「JAM」
氷川きよし「白雲の城」
布袋寅泰「8 BEATのシャッフル」「Dreamin'」
嵐「メドレー」
The Birthday「さよなら最終兵器」
エキシビション
ピコ太郎「PPAP
RADIO FISH「PERFECT HUMAN

選考を巡って 編集

出場枠53組の内、初出場は22組。返り咲きは10組。

初出場・返り咲き
  • Kinki Kidsも同じくデビュー20周年という節目であるから当選している[10]
  • 宇多田ヒカルはこの年上期の連続テレビ小説とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」を担当、同曲が収録されたアルバムも好セールスを記録したことが要因となった[10]
  • 秦基博はデビュー10周年及び年男ということとテレビドラマ主題歌として起用された「スミレ」が話題になったことから選出に至った。
  • RADWIMPSはこの年大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』の主題歌「前前前世」を歌ったことが評価された[10]。同じ白組のバンド系であるandrop、The Birthday、the pillows、フジファブリック、UNISON SQUARE GARDEN、LACCO TOWERも初出場になったことから、白組は前途を含めた初出場バンドだらけだけにThe Birthdayのチバユウスケ、the pillowsの山中さわおなどからは「出場者をコロコロ変える」「壮大なニュートラル」と指摘しており、それらのバンドと同席していた総合司会担当の円楽も「確かにそうです」と同調しつつも、「この番組は年男とか芸歴が5の倍数を考慮していることを基本にしています。ただ、潰そうとしているCOUNT DOWN JAPANのタイムテーブルを考慮もありますが、一連の選出が紅白の魅力になってしまったんです」近年の番組独自の選考手法を明かした。
  • 大竹しのぶは『うたコン』にも出演しているほか、カバーアルバムのリリースや舞台でエディット・ピアフの歌を歌うなど、女優としてだけでなく歌手としての存在感も評価された形となった[11]
  • 欅坂46はデビューシングル「サイレントマジョリティー」が女性アーティストのデビューシングル歴代最高の売り上げを記録しており、メジャーデビュー1年目での出場となった[12]
  • チームしゃちほこ、La PomPonはともに初出演であり、2年連続出演の私立恵比寿中学と共に「刺客アイドルチーム」としてセットで出場する形になった。
  • 声優アーティスト枠は千菅春香、三澤紗千香が初出場となり、松本梨香は第51回NHK紅白歌合戦以来、16年ぶりの返り咲きとなった。千菅は年女に相当するため、三澤はベストアルバム発売を行った事だけではなく、紅組司会の有村と同学年に相当するためだとしている。
落選
  • 年内で解散するSMAPについては、籾井勝人NHK会長がこれまでの会見で出場を熱望するなど、交渉を続けていたが、結果として落選している。今後は特別枠を含めた出演交渉を継続するが[13][11]、結局は特別ゲストとして解散について述べると共に簡易的なアーカイブを流すに留まった。

落選されたアーティストは以下の通り

紅組:いきものがかり、井上苑子、内田真礼、大原櫻子、E-girls、伍代夏子、佐咲紗花、新山詩織、乃木坂46、藤あや子、μ's、LiSA
白組:神谷浩史、geek sleep sheep、ゲスの極み乙女。、近藤真彦、三代目 J Soul Brothers、THE ALFEE、鈴村健一、SMAP、SEKAI NO OWARI、東京スカパラダイスオーケストラ、BUCK-TICK、福山雅治、MONOEYES、ROLL-B DINOSAUR
その他
  • 片平里菜は、昨年の第66回NHK紅白歌合戦は白組として東京スカパラダイスオーケストラとして出場したが今年は紅組としての出場となったため両軍制覇となった。

司会者 編集

有村は初司会かつ紅白司会としては初の平成生まれ。高橋克典に関してはNHK「うたコン」に出演し、デビュー曲を披露した後、交渉をした結果、快諾に至ったとのこと。円楽は自身の番組である「笑点」の高視聴率連発が話題になったことや落語界を牽引したことから起用の理由になった。

武田は初の総合司会かつ音楽番組司会初起用[14]。『NHKニュース7』平日版の現役メインキャスターが紅白の司会に起用されるのは初めて。

ゲスト出演者 編集

ゲスト審査員 編集

スペシャルゲスト 編集

企画・応援ゲスト 編集

  • ゴジラ - 『シン・ゴジラ』とのコラボレーション企画で登場。ゴジラがNHKホールに襲来し、『シン・ゴジラ』の登場人物と共に『紅白対ゴジラ』を展開[15]
  • 土屋太鳳 - 事務所に先輩にあたるフジファブリック、BREAKERZ、UNISON SQUARE GARDENの応援。
  • ネプチューン、ロンドンブーツ1号2号、三又又三、松本ハウス、アリtoキリギリス、つぶやきシロー、デンジャラス、TIM、土田晃之、おさる、スマイリーキクチ、加藤浩次、林家木久扇、林家木久蔵、エドはるみ、若槻千夏 - エキシビション企画であるピコ太郎(古坂大魔王)のバックダンサー。木久扇・木久蔵親子、エド、若槻以外はピコ太郎と同じボキャブラ天国シリーズで活躍したタレント。
  • ナインティナイン、野村周平、佐藤健、月亭八光、桂三度、林家たい平 - 星野源のバックダンサー。ナイナイ、八光、たい平は第65回NHK紅白歌合戦でのDream5のバックダンサー以来の組み合わせ。野村、佐藤は歌手としての星野とは事務所の後輩にあたるため、起用が決定された。
  • 本田望結、谷花音、安村真奈:私立恵比寿中学・チームしゃちほこ・La PomPonの応援。
  • 橋本マナミ:『真田丸』の役。香西かおりとのコラボレーションで演舞を披露。
  • 水谷隼リオデジャネイロオリンピック卓球男子団体銀メダリスト。東京都庁・都民広場より椎名林檎とTOKIOの曲紹介。
  • 山本篤:リオデジャネイロパラリンピック陸上男子走幅跳銀メダリスト。同上。
  • 土屋太鳳: 郷ひろみとのコラボレーションでダンスを披露。
  • 登坂絵莉リオデジャネイロオリンピックレスリング女子48kg級金メダリスト。西野カナの応援ゲストとして出演。
  • 吉田沙保里53kg級銀メダリスト。同上。
  • 菅原小春:坂本冬美とのコラボレーションでダンスを披露。
  • 蜷川実花:VTR出演、坂本冬美とのコラボレーションで背景映像演出を担当し、メッセージを披露。
  • DJ KOOTRF)、ハリセンボン、谷原章介:三山ひろしの応援。
  • アンガールズ、麒麟:五木ひろしの応援。
  • ぺこ&りゅうちぇる
  • サトシ、ピカチュウ、ゲッコウガ、セレナ、シトロン、ユリーカ、デデンネ、ジガルデ:ポケットモンスター XY&Zのキャラクター。ACE OF SPADESがSINを披露した後に動作のアニメパートで登場。

演奏ゲスト 編集

その他の番組担当者 編集

  • ラジオ中継:二宮直輝寺門亜衣子(いずれも東京アナウンス室)
  • テレビ放送副音声『紅白ウラトークチャンネル』:三遊亭鳳楽、桂ざこば、梶原雄太橋本奈穂子(東京アナウンス室)
  • 配信企画『紅白楽屋トーク』:三遊亭小遊三、笑福亭鶴光、三遊亭円橘、三遊亭好楽、三遊亭とむ、林家三平、会一太郎[16]
    • 紅白パソコン公式サイト、公式アプリ、FacebookYouTubeLINE LIVEにおいて、ライブ配信を実施。NHKホールの楽屋に発信スタジオを設置し、彼らの進行で出場歌手やゲストとのトークを繰り広げる[17]

企画 編集

今回は番組テーマである「夢を歌おう」に合わせて、各種企画を実施する。

  • AKB48は関連グループを含めた300人以上の中から出場する48人を選抜する「紅白選抜」を実施、視聴者が公式スマートフォンアプリとデータ放送で投票して選出する[18]
  • エキシビション枠として出場することになったRADIO FISHはステージ上で「PERFECT HUMAN」を踊るメンバーを一般人から募集、オーディションを実施する[19]

視聴率 編集

視聴率は第1部は38.5%、第2部は40.2%といずれも前年に上昇した。

脚注 編集

注釈 編集

  1. 『紅白』テーマ発表 4年後の東京五輪に向けて「夢を歌おう」 ОRICON STYLE 2016年9月8日閲覧
  2. テンプレート:Cite news
  3. テンプレート:Cite press release
  4. テンプレート:Cite news
  5. 5.0 5.1 5.2 タモリ&マツコ 紅白特別ゲストに!矢島CP「どんな化学反応を…」,スポーツニッポン,2016年12月7日
  6. 【NHK紅白】ゲスト審査員に「真田丸」の草刈正雄さんら ドラマ「逃げ恥」のガッキーも,産経ニュース,2016年12月21日
  7. オープニングテーマ曲「Fly into the Sun」,第67回NHK紅白歌合戦,2016年12月22日
  8. ポール・マッカートニー、4月に東京ドーム3days ORICON STYLE 2017年1月1日付発信・閲覧
  9. TOKIO、ジャニーズ初の中継出演 都庁前から「宙船」歌う ORICON STYLE 2016年12月31日
  10. 10.0 10.1 10.2 【紅白】KinKi Kidsなど計10組が初出場 “世代交代”一気に加速,東京スポーツ,2016年11月24日
  11. 11.0 11.1 【紅白】SMAP出演打診「最後の最後まで」 矢島良CPの一問一答,ORICON STYLE,2016年11月24日
  12. 欅坂46が紅白初出場 メジャーデビュー年で快挙,日刊スポーツ,2016年11月24日
  13. SMAP、紅白出場歌手に入らず NHK、交渉は継続か,朝日新聞,2016年11月24日
  14. 紅白、有働アナ見送り理由 五輪モードで「切り替え」,デイリースポーツ,2016年11月24日
  15. 紅白にゴジラ“襲来” スペシャル企画を発表,ORICON STYLE,2016年12月22日
  16. 総合司会を務める三遊亭円楽の息子
  17. 紅白楽屋トーク,第67回NHK紅白歌合戦,2016年12月22日
  18. AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!|第67回NHK紅白歌合戦
  19. 紅白のステージで一緒に踊れる!RADIO FISH 「PERFECT HUMAN」 ダンスオーディション!|第67回NHK紅白歌合戦

出典 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki