FANDOM


テンプレート:基礎情報 テレビ番組 テンプレート:基礎情報 ラジオ番組第63回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうさんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2012年平成24年)12月31日JST、以下同じ)にNHKホールにて行われた、通算63回目のNHK紅白歌合戦である。

放送まで 編集

2012年9月6日
NHK会長の松本正之の定例記者会見の席にて開催が発表された[1]。また放送時間が19時15分から23時45分となることも公表された。この放送時間の長さは2009年第60回前回と並ぶ史上最長タイである[1]。松本はこの席で「2013年が、日本が前に向かって力強く、あらためて進み出す年となることを願い、今年の紅白は、すばらしい歌手の歌の力で、日本人が自信を持って新たな一歩を踏み出そうというメッセージを伝える番組とする」と番組制作のアウトラインを表明[1]。なお松本はアウトラインの表明時、この年のロンドンオリンピックにおける日本人選手の活躍を引き合いに出しており、複数のスポーツ新聞が紅白歌合戦におけるオリンピック選手の何らかの形での登場をこの段階で予想していた[2][3][4]
2012年9月27日
この日行われた記者会見において、今回のテーマが発表された[5]。テーマは「ニッポン ラララ♪ 歌で 会いたい。」[6]。テーマ設定の理由について、チーフプロデューサーの原田秀樹はオリコンのインタビューにおいて、東日本大震災東北地方太平洋沖地震)などがあった前回のテーマを「新年に良いことがありますように」とのメッセージを込めて設定したことに触れた上で「その後の1年間を振り返ると、日本中がとても頑張ったと思います。なので最後の1日は、新しい人や新しい歌、さらには新しい自分に出会えるような場を作りたいと思って、今年は『歌で 会いたい。』に決めました。そんな気持ちで新しい1年を迎えられたら、また未来への明るい希望が見えてくるのではないかと。」と語っている[7]。また、NHK会長の松本正之は「昨年から引き続き、震災復興がテーマになる」と述べている[8]
同じ記者会見において、今回の「紅白応援隊」も発表された[5]。メンバーは前回同様、テリー伊藤AKB48であり、テリー伊藤は2008年第59回から5回連続、AKB48は前回から2回連続での担当となった[9]。今回を最後に2007年第58回から設けられていた「紅白応援隊」は撤廃された。
2012年10月16日
今回の司会者として、紅組司会を堀北真希、白組司会を、総合司会を有働由美子が務めることがそれぞれ発表された[10]。司会発表はNHKホール前の屋外特設会場で行われ[11]、屋外で司会発表が行われるのは史上初となった[12]。担当プロデューサーは司会の発表がこの日になった理由について、「連続テレビ小説梅ちゃん先生』の収録が終わった堀北と嵐のスケジュールを1時間程頂くのが本当に難しく、たまたまピンポイントで空いたため」とした[13]。また、司会者の発表日は2009年および2010年が11月3日、2011年が10月19日、今回が10月16日と少しずつ早まっており、NHK担当者はこのことについて「堀北と嵐、それに紅白応援団に決まっているAKB48を前面に出して、1日も早くPRを始めて視聴率を上積みしたいというのが現場の本音でしょう」と語っている[13]
2012年11月26日
今回の出場歌手が発表された[14]
直前に発生した当時NHKアナウンサー東京アナウンス室)の森本健成の不祥事での逮捕という一件の煽りを受ける形で、出場歌手発表が多少なりとも遅れる可能性があるとも言われていた[15]
2012年12月6日
当日のテレビ副音声『紅白ウラトークチャンネル』の出演者にテリー伊藤と小松宏司。ラジオ中継実況担当に青井実橋本奈穂子が決定したことが発表された[16]
2012年12月12日
紅組の特別歌手としてMISIAが生中継で歌唱することが明らかになった。テレビの歌番組への出演はMISIAにとって実質的に初めてで、中継はナミビアナミブ砂漠で行われる[17]。このことは紅白歌合戦の特別企画の第1弾として発表されている[18]
2012年12月16日
西田敏行中村雅俊森公美子サンドウィッチマン荒川静香ら東北に縁の深いゲストが登場し、同局の東日本大震災東北地方太平洋沖地震)復興支援ソング「花は咲く」を大合唱することが発表された。紅組司会の堀北真希がプレゼンターを務める特別企画として放送され、堀北が被災地を訪ねた際の写真も紹介される。ピアニストの辻井伸行、同楽曲を作曲した菅野よう子も出演する[19]。このことは紅白歌合戦の特別企画の第2弾として発表されている[20]
2012年12月18日
出場歌手(特別ゲスト出演は除く)の曲目が発表された[21]
白組司会である嵐のメンバーそれぞれが各界の第一人者と対談するという企画が発表された[22]。このことは紅白歌合戦の特別企画の第3弾として発表されている[23]
2012年12月21日
白組の特別歌手として矢沢永吉が生出演で歌唱することが発表された[24]。紅白の生出演は2009年第60回以来3年ぶり2回目である。このことは紅白歌合戦の特別企画の第4弾として発表されている[25]
2012年12月24日
ゲスト審査員と企画ゲストが発表された[26]
2012年12月25日
曲順が発表された[27]
2012年12月29日・30日
リハーサルが行われた[28][29]。この時は「初音ミク」を使用する企画を行うと発表。
2012年12月31日
本番を迎えた。

放送メディア 編集

国内向け放送
国際放送「NHKワールド
  • NHKワールド・プレミアム(衛星テレビ・モノラル放送)
  • NHKワールド・ラジオ日本(ラジオ第1放送と同内容をサイマル放送)
    • 短波放送(東南アジア・アジア大陸向けのみ)
    • 衛星ラジオ(全世界向け)

結果 編集

最終審査の得票数による審査の結果351,942対318,625で白組が2年ぶりに優勝。これで通算成績は、白組34勝、紅組29勝となった。嵐の5人を代表してリーダーの大野が吉田沙保里から優勝旗を授与された。

デジタルTV審査員のみ紅組優勢だったが、それ以外で白組が圧倒したことが勝敗の決め手となった。

なお、ゲスト審査員の投票は7対3で白組が優勢。

司会者 編集

堀北への紅組司会のオファーはこの年9月上旬、『梅ちゃん先生』の撮影が一段落した時期に出し、快諾されたという[12]。原田秀樹によると、司会者のキャスティングは共に「ドラフト1位」だった[12]。『梅ちゃん先生』での演技が支持された[31][32][33][34]ことと、『思い出のメロディー』に出演した時の「堂々とした振る舞い」[12][34]が選出理由と説明されている。なお堀北はこの以前、2008年第59回で紅組司会の候補に挙がっていたとされる。

また、嵐が3年連続で白組司会を務める[10]。嵐は歌手活動、ソロ活動のほか「震災復興支援に力を入れている」ということでも評価された[12]

有働を総合司会に起用した理由について、担当者は「NHKの顔の1人だから」と語っている[35]。日刊スポーツではこの起用について「『あさイチ』の歯切れのいいコメントと視聴者の人気の高さも再評価された形」としている[35]。前回まで3年連続での担当者だった先輩且つ両軍司会コンビを組んだ経験のある阿部渉(東京アナウンス室)からの引き継ぎとなった。なお、有働の総合司会起用はここ2年間各メディアで取り沙汰された。

司会者が正式発表される前から、スポーツニッポンでは段階から堀北と嵐の両軍司会が「有力視される」と報じ[2]SMAPも白組司会の候補のうちであるということにも言及していた[36]が、司会発表前日には堀北と嵐で「確定的」と記していた[37]。また、女性自身や東京スポーツでも、堀北と嵐の起用が有力であるとしていた[38][39][40]。各メディアが上げた候補者としては、前田敦子(日刊ゲンダイ)[41]市川猿之助(日刊ゲンダイ)[42]、SMAP・中居正広の司会復帰(東京スポーツ)[43]V6(サイゾーウーマン)[44]。なお、猿之助についてはこの年の『思い出のメロディー』の司会を務めており、同番組の収録の際に本紅白への出演を辞退する意向を示していた[45]。その他、9月下旬に東京スポーツがSMAPと嵐が共同で司会を担当する可能性があるとも報じていた。

その他の番組担当者 編集

審査員 編集

  • ゲスト審査員(別記
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員)
  • デジタルTV審査員(総合テレビジョンの視聴者 無制限)
  • ケータイ審査員(携帯電話による審査 定員あり)
  • ワンセグ審査員(ワンセグ搭載型の携帯電話による審査 無制限)
  • スマートフォン審査員(スマートフォンによる審査 定員あり)

出場歌手 編集

紅組
田村ゆかり feat. motsu(ALTIMA)「You & Me」
SKE48×乃木坂46「パレオはエメラルド」
中島美嘉「初恋」
水樹奈々「BRIGHT STREAM」
藤あや子「わすれない」
水森かおり「ひとり長良川」
加藤ミリヤ「HEART BEAT」
香西かおり「酒のやど」
西野カナ「GO FOR IT!」
伍代夏子「恋ざんげ」
絢香「はじまりのとき」
ももいろクローバーZ「スペシャルメドレー」
玉置成実「Believe」
SCANDAL「瞬間センチメンタル」
堀江由衣「インモラリスト」
aiko「くちびる」
きゃりーぱみゅぱみゅ「スペシャルメドレー」
由紀さおり「夜明けのスキャット」
天童よしみ「ソーラン祭り節」
YUI「Good-bye days」
坂本冬美「夜桜お七」
FLiP「カートニアゴ」
YUKI「プリズム」
PRINCESS PRINCESS「Diamonds」
石川さゆり「天城超え」
いきものがかり「風が吹いている」
白組
BREAKERZ「CRIMBER×CRIMBER」
ゴールデンボンバー×杉田智和&中井和哉「DT捨テル→レッツゴーED」
AAA「777 ~We can sing a song!~」
三代目 J Soul Brothers「花火」
FUNKY MONEKY BABYS「サヨナラじゃない」
HY「いちばん近くに」
ナオト・インティライミ「Brave」
FIELD OF VIEW「Last Good-bye」
ポルノグラフィティ「カゲボウシ」
舘ひろし「嵐を呼ぶ男」
森進一「冬のリヴィエラ」
関ジャニ∞「スペシャルメドレー」
TOKIO「KIBOU」
コブクロ「紙飛行機」
佐藤宣彦「うたう」
五木ひろし「夜明けのブルース」
徳永英明「上を向いて歩こう」
斉藤和義「やさしくなりたい」
氷川きよし「櫻」
Base Ball Bear「Stairway Generaion」
INFIX「傷だらけの天使になんてなりたいとは思わない」
三輪明宏「ヨイトマケの唄」
ACE OF SPADES「WILD TRIBE」
福山雅治「Beautiful Life」
T-BOLAN「刹那さを消せやしない」
特別
MISIA「?」
矢沢永吉「?」
初音ミク企画
Guitar:HISASHI(GLAY、ACE OF SPADES)、HARUNA(SCANDAL)
Bass:徳永暁人(doa)
Deums:神保彰
Keyboads:古井弘人(GARNET CROW)

選考を巡って 編集

選出 編集

初出場となったのは22組。そのうち紅組はSKE48、加藤ミリヤ、きゃりーぱみゅぱみゅ、玉置成実、田村ゆかり、乃木坂46、FLiP、PRINCESS PRINCESS、堀江由衣、ももいろクローバーZ、YUKIの10組であり、白組はINFIX、ACE OF SPADES、関ジャニ∞、ゴールデンボンバー feat. 杉田智和&中井和哉、佐藤宣彦、三代目J Soul Brothers、T-BOLAN、ナオト・インティライミ、FIELD OF VIEW、BREAKERZ、Base Ball Bear、美輪明宏の12組である。FIELD OF VIEWに関しては共に再結成したT-BOLANらとツアーを回ったことで話題になったため、ツアーと同様に浅岡雄也、安部潤、小橋琢人、新津健二の4人で行ったが、「紅白に出たことに感謝します。この番組を以て、バンド活動を終了します」と宣言した。加藤、玉置、田村、堀江、FLiP、佐藤に於いてはポップスを歌う年男・年女に相当するためだったという。EXILEの代用となったACE OF SPADESに於いてはEXILETAKAHIROGLAYHISASHIが2名義出演を果たした。

今回のポップス歌手を増加し演歌歌手を減らした選考について、放送評論家の松尾羊一は「若者シフトをする一番の狙いは受信料です。今の高齢者は払ってくれているが、年齢的な問題で何年続くか分からない。経営を考えれば、支持率の低い若い世代に払ってもらう必要がある。若者を意識した人選は、その布石でしょう。でも、その発想自体が既に古い。ネットの世界では好きな歌手の映像がいつでも見られます。ニコニコ動画YouTubeでも生の映像が入ってくる。テレビが家にない子や新聞を取らない子が増えているように、テレビで歌を聴けなくても困らない時代。だから、無理に若者の関心を引っ張ろうとしているNHKの考え方や演出は、若者からすればダサいんです。テレビ局がいくら若作りをしても、作っている人の感覚が古ければ、若者は追っかけてくれません」と分析・指摘している[47]

ゲスト出演 編集

ゲスト審査員 編集

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長・教授)の起用が有力視されるも実現しなかった。原田秀樹は「研究で忙しいでしょうし、テレビ出演で研究の邪魔をしてはいけない。人類のためにあえてオファーしなかった」と話した。なお、山中は2014年第65回の審査員となった。

企画ゲスト 編集

演奏ゲスト 編集

視聴率 編集

平均視聴率は関東地区で第1部が33.2%、第2部が46.2%だった。第2部は5年連続の40%越えかつ2年連続の46%台で年間視聴率でトップに立ったが、第1部は前回を下回った[57]。後半はT-BOLANが再結成後初出演、INFIXがデビュー20年目として初出演となった事が功を奏したことが視聴率維持が要因だったものの、歌手別視聴率の1位はACE OF SPADESの49.4%、瞬間最高視聴率は結果発表前の58.0%だった。

脚注 編集

注釈
  1. 1.0 1.1 1.2 テンプレート:Cite web
  2. 2.0 2.1 テンプレート:Cite news
  3. テンプレート:Cite news
  4. テンプレート:Cite news
  5. 5.0 5.1 テンプレート:Cite news
  6. テンプレート:Cite web
  7. テンプレート:Cite news
  8. テンプレート:Cite news
  9. テンプレート:Cite web
  10. 10.0 10.1 テンプレート:Cite news
  11. テンプレート:Cite news
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 12.4 テンプレート:Cite news
  13. 13.0 13.1 テンプレート:Cite news
  14. テンプレート:Cite news
  15. テンプレート:Cite news
  16. テンプレート:Cite web
  17. テンプレート:Cite news
  18. テンプレート:Cite news
  19. テンプレート:Cite news
  20. テンプレート:Cite news
  21. テンプレート:Cite news
  22. テンプレート:Cite news
  23. テンプレート:Cite news
  24. テンプレート:Cite news
  25. テンプレート:Cite news
  26. テンプレート:Cite news
  27. テンプレート:Cite news
  28. テンプレート:Cite news
  29. テンプレート:Cite news
  30. テンプレート:Cite news
  31. テンプレート:Cite news
  32. テンプレート:Cite news
  33. テンプレート:Cite news
  34. 34.0 34.1 テンプレート:Cite news
  35. 35.0 35.1 テンプレート:Cite news
  36. テンプレート:Cite news
  37. テンプレート:Cite news
  38. 『女性自身』2012年9月の報道
  39. テンプレート:Cite news
  40. テンプレート:Cite news
  41. 日刊ゲンダイ2012年10月15日付
  42. テンプレート:Cite web
  43. テンプレート:Cite news
  44. 2012年10月15日付
  45. テンプレート:Cite news
  46. 46.0 46.1 テンプレート:Twitter status
  47. 日刊ゲンダイテンプレート:リンク切れ
  48. 同日18:50までNHK「しあわせニュース2012」に出演。
  49. テンプレート:Twitter status
  50. テンプレート:Twitter status
  51. テンプレート:Twitter status
  52. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「t283117905154039808」という名前の引用句に対するテキストがありません
  53. テンプレート:Twitter status
  54. テンプレート:Twitter status
  55. テンプレート:Twitter status
  56. テンプレート:Twitter status
  57. 紅白歌合戦 :後半42.5%で年間視聴率トップに 5年連続の40%超えMANTANWEB(まんたんウェブ)-毎日新聞デジタル-(2013年1月2日)2013年1月2日閲覧。
  1. 当初は父の中村勘三郎が出演予定だったが、当年12月5日に急逝。その意志を継ぐ形で出演。
出典

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki