Fandom

LOOKING Wiki

第60回NHK紅白歌合戦

2,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

第60回NHK紅白歌合戦』(だいろくじっかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2009年平成21年)12月31日JST、以下同じ)にNHKホールで行われた、通算60回目のNHK紅白歌合戦

概要・放送メディア 編集

2009年9月3日にNHK会長・福地茂雄の定例会見の席上[1]で、骨子が発表された。

放送は、国内向けにテレビが総合(デジタル・アナログ)・BS2(デジタル・アナログ)・BShiの3波、ラジオが第1の計4媒体、国外向けにNHKワールド・プレミアムとNHKワールド・ラジオ日本(短波は東南アジアとアジア大陸向け。この回から新たに放送を開始した衛星ラジオは全世界向け[2])で、いずれも19:15 - 23:45に生放送された。双方向対応番組。前半・後半と分かれるが、編成上では二部制は取られなかった。

  • 20:55 - 21:00は総合とBS2、ラジオ第1がNHKニュースで、他は別番組を放送。

今回が60回目の節目にあたることから、2007年第58回に今回まで3年間の統一テーマと共通ロゴが制定されていたこともあり、早くから今回のテーマが決定した。

観覧募集については、受信料を支払っている世帯(新たに受信料を支払う、あるいは支払いを免除されている世帯を含む)の家族に限られた[3]

放送まで 編集

全て2009年

9月3日
会長定例会見でテーマ発表。
2007年第58回以降、3カ年計画の統一コンセプトとして「歌力(うたぢから)」が設定されており、今年のテーマは「歌の力∞無限大」となっている。
今回は「60回記念」とあり、放送時間を過去最長の4時間25分(中断ニュース除く)となる。
前回に引き続き、応援合戦などのアトラクションを極力取り除いた歌本位の構成となる見込み。
9月15日
紅白応援隊・オリジナルソング作成を発表。
紅白応援隊は前回に引き続き関根麻里テリー伊藤
60回記念企画として、作曲家の久石譲が視聴者から募集したワンフレーズを基に紅白歌合戦オリジナルソングを製作する事を発表、フレーズの募集を開始。
10月21日
放送総局長の定例会見[4]

紅白オリジナルソングの作曲が完成したと発表。

広報ツールを作成したと併せて発表。写真撮影用バックパネル・応援隊2人の等身大パネル・優勝旗のレプリカ・クイズ紅白検定のパネルの4つ。これらは各放送局が定期実施する会館公開などに合わせ、巡回展示していく予定となっている。
10月27日
紅白デジタル応援隊に水樹奈々を起用することを発表。
パソコン携帯電話などのデジタルコンテンツ向けパブリシティ担当。同月30日より水樹を起用した紅白カウントダウンを表示するブログパーツが公式サイトで公開を開始。11月より公式ブログで水樹による紅白情報の更新を開始した。
11月3日
両軍司会を発表。
NHKがマスコミ各社にFAXを送る形で発表。当初、NHKは司会発表会見を後日改めて行うと発表していたが、実際は行われなかった。
11月18日
紅白オリジナルソングの発表。
公式ブログで紅白オリジナルソング「歌の力」の完成が発表され、視聴者から同楽曲を動画投稿で募集。「お手本」として水樹と加藤清史郎が同楽曲を歌う動画が翌19日に公開された。なお、加藤はこの頃より番組に「紅白の顔」として出演することが検討されていた[5]
11月23日
出場歌手発表。
紅白各25組ずつ合計50組が選出された。
11月27日
総合司会の発表。
12月1日
公式サイトにて、ミニ番組『水樹奈々の紅白「歌の力∞無限大」!!!』をPodcast配信開始。
公式サイトにて、最新の紅白に関する情報を配信していく、ミニ番組を配信開始。毎週火曜日更新で、全5回。パーソナリティーは、紅白デジタル応援隊の水樹奈々。
12月20日
曲目発表。企画コーナーの子供紅白も発表。紅組司会:大橋のぞみ、白組司会:加藤清史郎、子供紅白出場歌手に、紅組:さくらまや、白組:スノープリンス合唱団が発表される
12月24日
放送総局長の定期会見より[6]
全出演者の所属事務所の許諾が得られたとして、NHKオンデマンドの「見逃し番組サービス」で2010年元旦から1月11日まで有料配信すると発表。ジャニーズ事務所所属タレントが出演する番組のインターネット配信はこのケースが史上初となる[7]。NHKオンデマンドの配信は今回以降、毎年行われている(有料配信期間は元旦から1月15日までの15日間)。
ゲストとしてスーザン・ボイルの出演およびゲスト審査員10名を発表。合わせて歴代白組司会から武田鉄矢堺正章がスペシャルプレゼンターとして登場することも明らかに[8]
12月27日
曲順発表。
12月28日
リハーサル開始。
12月30日
番組プロデューサーがシークレットゲストの出演を発表[9]。複数のメディアが矢沢永吉の出演を報じた[10]

結果 編集

中間審査を含めた総得票数による審査の結果348,708対213,047で白組が優勝し連勝記録を5に伸ばした。これで白組32勝・紅組28勝となった。白組が対戦成績を4つリードするのは初めてである。

巨人軍の監督である原辰徳から優勝旗を授与された中居は現役時代から原の大ファンであり、「原さんから貰えるの? 嬉しい! 握手してください!!」とひたすら大感激していた。

自らが持つ紅組司会の最多敗戦記録を1つ更新する4敗目(飛び石ながら4連敗)となった仲間に対し、中居が「申し訳ない」と言ったが、仲間が「勝ち負けじゃないですよね」と返した。また、紅組歌手の和田アキ子からは「1回くらい勝たせてよ」との声が出た。

なお、ゲスト審査員の投票は7対3で紅組が優勢。

司会者 編集

  • 紅組:仲間由紀恵
  • 白組:中居正広SMAP
    • 仲間は2年連続4回目、中居は2年連続5回目の組司会起用で、2年連続3回目のコンビとなる[11]
    • 中居はNHKアナウンサー以外では最多となる5回目の組司会担当となった[12]。同じく中居は通算5回目の白組司会担当、これもに並びNHKアナウンサー以外における白組司会の最多起用となっている。
  • 総合:阿部渉東京アナウンス室
    • 阿部は2001年第52回から2004年第55回まで白組司会を担当、総合司会起用は初めて。
    • 総合司会にNHKアナウンサー以外の人物が起用される可能性も報道された[13]
  • ラジオ中継:山田康弘神田愛花(以上東京アナウンス室)
    • 前回と同じコンビである。

NHKの女性アナウンサーが1998年第49回から11年続けて司会を担当してきたが、1997年第48回以来12年ぶりに担当なしとなった。

リポーター 編集

メイン演奏 編集

審査員 編集

  • ゲスト審査員(別記
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員)
  • デジタルTV審査員(デジタル総合・BShiの視聴者 無制限)
  • ケータイ審査員(携帯電話による審査 50,000名)
  • ワンセグ審査員(ワンセグ搭載型の携帯電話による審査 無制限)

出場歌手 編集

太字は初出場

紅組 白組
曲順 歌手・ユニット名 楽曲 曲順 歌手・ユニット名 楽曲
前半
1 真野恵里菜マノピアノ 2 EXILESomeday
3 AKB48RIVERサプライズ!
紅白Remix[注 1]
4 flumpool星に願いを
6 いきものがかりYELL 5 NYC boys紅白60回記念NYCスペシャル[注 2]
企画「こども紅白歌合戦」、審査員:両津勘吉香取慎吾
1:加藤清史郎かつおぶしだよ人生は」、2:さくらまや大漁まつり」、
3:スノープリンス合唱団スノープリンス」、4:大橋のぞみノンちゃん雲に乗る」「崖の上のポニョ
7 伍代夏子忍ぶ雨 8 北山たけし剣山
9 SCANDAL少女S 10 ジェロ海雪
11 水樹奈々深愛 12 FUNKY MONKEY BABYSヒーロー
13 中村美律子河内おとこ節 14 ポルノグラフィティアニマロッサ
15 天童よしみ花筏 -Hanaikada- 16 美川憲一さそり座の女 2009
17 坂本冬美また君に恋してる 18 細川たかし望郷じょんから
19 大塚愛Is 20 レミオロメン粉雪
21 川中美幸ふたり酒 22 森進一花と蝶
後半
第60回紅白テーマソング「歌の力」合唱
特別出演:スーザン・ボイル、唄:「夢やぶれて -I Dreamed A Dream-
24 aikoあの子の夢 23 the HIATUSInsomnia
26 平原綾香ミオ・アモーレ 25 徳永英明壊れかけのRadio
28 秋元順子愛のままで… 27 TOKIO太陽と砂漠のバラ
29 Perfumeワンルーム・ディスコ 30 ユニコーン大迷惑
31 水森かおり安芸の宮島 32 五木ひろし凍て鶴
追悼企画「マイケル・ジャクソン スペシャルステージ」、演出:SMAP[注 3]
33 木村カエラButterfly 34 アリスチャンピオン
35 中島美嘉流れ星 36 ゆず逢いたい
37 アンジェラ・アキ手紙 〜拝啓 十五の君へ〜 38 布施明MY WAY
39 小林幸子万葉恋歌 あぁ、君待つと 40 福山雅治はつ恋
41 倖田來未×misono2009紅白KODA SPECIAL[注 4] 42 嵐×紅白スペシャルメドレー[注 5]
サプライズ出演:矢沢永吉、唄:「時間よ止まれ」「コバルトの空
44 中村あゆみ翼の折れたエンジェル 43 コブクロSTAY
46 石川さゆり津軽海峡・冬景色 45 氷川きよしときめきのルンバ
47 絢香みんな空の下 48 doa英雄
49 DREAMS COME TRUEその先へ 〜紅白スペシャルバージョン〜[注 6] 50 北島三郎まつり

ゲスト出演者 編集

ゲスト審査員 編集

スペシャルゲスト 編集

上記の出場歌手を参照。

演奏ゲスト 編集

  • 久石譲:テーマソング「歌の力」の作曲およびピアノ伴奏と指揮を担当
  • DIMENSION:真野恵里菜、doaの曲中でバックバンドを担当。
  • 島健:天童よしみの曲中でピアノ伴奏を担当
  • ROLLY:平原綾香の曲中でギター伴奏を担当
  • 宮本笑里:秋元順子の曲中でヴァイオリンを演奏
  • ニュートン・フォークナー:ギター演奏をDREAMS COME TRUEと共に担当
  • FUZZY CONTROL:DREAMS COME TRUEと共にバンド演奏をしたが、テロップ等は出なかった。(CDリリース時には「〜feat. FUZZY CONTROL」と銘打たれていた)
  • 山本恭司:矢沢永吉のバンドメンバーとして。

応援ゲストなど 編集

特別番組 編集

第60回という節目だったことから、様々な番組が編成された。

紅白フラッシュ
総合テレビなど随時。例年同様、最新の準備状況を紹介。ナビゲーターは関根麻里。
紅白60年 名歌手たち・夢の対決
放送:BS2など 2009年12月29日 19:30-23:00
出演:五木ひろし(白組司会)、小林幸子(紅組司会)、コロッケほか
全編映像が現存する第14回1963年)から第59回(2008年)までの紅白歌合戦から選りすぐった58組の映像を紅白対決の形で紹介し、紅白歌合戦の歴史を振り返る。
紅白歌合戦AtoZ
放送:総合テレビ 2009年12月30日 19:30-20:45
進行:三宅民夫塚原愛
ナレーション:住吉美紀坂上みき
「AtoZ百科事典」として紅白歌合戦の過去59回の歴史やトリビアをアルファベットのAからZでそれぞれ始まるキーワードで紹介し、関連の資料映像や出演者の証言・インタビューを交えて紹介した。
ワンダー×ワンダー拡大生放送スペシャル『ほぼ完全公開! 紅白の舞台裏』
放送:総合テレビ 2010年1月2日 19:30-20:45
進行:山口智充DonDokoDon)、神田愛花
ゲスト:谷村新司矢口真里久保純子ほか
華やかなステージの裏で繰り広げられた知られざる舞台裏のドラマを生放送で紹介。
ドキュメンタリー『絢香 22歳のラストステージ』
放送:総合テレビ 2010年1月7日 22:00-22:45
ナレーション:松本和也
この回の紅白で歌手活動を無期限に休止した絢香に、2009年10月ごろから密着し続けたドキュメンタリー。
わたしを支えた「歌の力」〜60回紅白へのメッセージ〜
放送:総合テレビ 2010年3月18日 22:50-23:28
出演:久石譲
ナレーション:阿部渉
第60回テーマソング「歌の力」のワンフレーズや動画に投稿した視聴者の曲にまつわるエピソードなどを紹介したドキュメンタリー。

視聴率・裏番組 編集

平均視聴率は関東地区で前半が38.6%、後半が40.8%だった。前半は前年を上回ったが、後半は40%台を維持したものの前年を下回った。後半は2009年の年間視聴率で、『プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ・内藤大助×亀田興毅』(11月29日、TBSテレビ)の43.1%に次ぐ第2位になった。 視聴率発表時の報道は40%台維持を好意的に書かれていたが、2005年の第56回以降、前半の連続上昇はこの年でストップとなった。

瞬間最高視聴率はDREAMS COME TRUEの50.1%だった(DREAMS COME TRUEは1992年の第43回以来の歌手別最高視聴率)。

主な裏番組の視聴率は以下の通り(ビデオリサーチ関東地区、分割されている場合は最高位の部を)[14]

  1. Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜』(TBSテレビ):16.7%(第2部)
  2. ダウンタウンのガキの使い大晦日年越しSP!!絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』(日本テレビ):16.4%(第2部)
  3. 奇跡体験!アンビリバボー大晦日生放送スペシャル』(フジテレビ):8.9%(第1部)
  4. ドラえもん』/『痛快!ビッグダディ・9 感動と喝采の大晦日3時間スペシャル!!』(テレビ朝日):7.0%/6.6%
  5. 年忘れにっぽんの歌』/『ルビコンの決断』(テレビ東京):7.6%/1.6

脚注 編集

  1. NHK INFORMATION「NHKトップトーク(会長 2009/9/3)」 - NHKオンライン 2009年9月3日
  2. NHKワールド・ラジオ日本では2009年3月末から衛星ラジオの放送が始まり、NHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアムと同様、パラボラアンテナと衛星チューナーを使用することによって受信できる。NHKワールド・プレミアムとは違い、NHKワールド・ラジオ日本の衛星ラジオではスクランブルが一切かけられていないため、NHKワールド・プレミアム未契約者でも音声のみではあるが、本番組がの高音質で聴けることとなる。
  3. テンプレート:Cite web
  4. NHK INFORMATION「NHKトップトーク(放送総局長 2009/10/21)」テンプレート:リンク切れ - NHKオンライン 2009年10月21日
  5. テンプレート:Cite newsテンプレート:リンク切れ
  6. NHK INFORMATION「トップトーク (放送総局長 2009/12/24)」テンプレート:リンク切れ - NHKオンライン 2009年12月24日
  7. NHK、ジャニーズ所属タレントの動画配信を許諾 Nikkei.net IT+PLUS 2009年12月24日
  8. ボイルさんが紅白に出演 来日し歌を披露 - 47NEWS 2009年12月24日
  9. 【紅白リハ】紅白にさらなる隠し玉! 本番まで極秘の“大物歌手”出演を番組プロデューサー明かす - ORICONSTYLE 2009年12月30日
  10. テンプレート:Cite newsテンプレート:リンク切れ
  11. 紅白司会は2年連続3度目の「なか・なかコンビ」テンプレート:リンク切れ - スポニチ Sponichi Annex
  12. http://career.oricon.co.jp/news/70323/full/ オリコン(2009年11月3日)
  13. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/11/24/kiji/K20091124Z00001830.html スポーツニッポン(2009年11月24日)
  14. 大みそか視聴率、Dynamite!!が民放1位(スポーツナビ2010年1月2日配信)テンプレート:リンク切れ

引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki