FANDOM


相川 七瀬
基本情報
出生名 佐伯 美咲
出生 1975年2月16日(42歳)
血液型 AB型
学歴 大阪府立北淀高等学校中退
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市東淀川区豊新
ジャンル ロックJ-POP[1]
職業 歌手作詞家
担当楽器
活動期間 1995年 - 現在
レーベル motorod
事務所 フォーミュラエンタテインメント
公式サイト Nanase Aikawa Official Website
{{{Influences}}}

相川 七瀬(あいかわ ななせ、1975年2月16日 - )は、日本歌手カラーセラピスト。婚姻前の本名は、佐伯 美咲(さえき みさ)[1]

大阪府大阪市東淀川区出身[注 1]。ファウンテン所属。マネジメントは株式会社フォーミュラエンタテインメントと業務提携。所属レコード会社はエイベックスで、所属レーベルcutting edgeのmotorod[注 2]

来歴 編集

1990年、15歳(中学3年生)の頃にソニー主催のオーディションを受ける[注 3]。結果は不合格であったが、この時、後にプロデューサーとなる織田哲郎と出会う。

1992年高校を中退しアルバイトをしていた17歳の頃、DREAMS COME TRUEQUEENなどの音楽を聴きあさり、歌手になる決心をする。織田に連絡をして上京し、歌手デビューのためにボイス・トレーニングを開始する[注 4]

1995年11月、織田のプロデュースによる「夢見る少女じゃいられない」でエイベックスのmotorodレーベルから歌手デビュー。相川七瀬をトータルプロデュースするにあたり、織田はそれまでの「前向きなガール・ポップ」に対して「前向きじゃないダークなロック」を全面に打ち出した。

1996年、ファーストアルバム「Red」をリリース。オリコンのアルバムチャート初登場で一位、現在までに270万枚を超すダブル・ミリオンヒットを記録している。年末には第47回NHK紅白歌合戦に初出場、「夢見る少女じゃいられない」を披露した。

1997年、7月にアルバム「paraDOX」発売、この作品もオリコン初登場一位獲得、現在までに180万枚を売り上げている。自身初の全国コンサートツアー“Live Emotion '97”20公演を敢行、チケットは発売後1時間でソールドアウトになり、6万5千人を動員、最終の9月9日 - 10日には日本武道館で公演。デビューからわずか1年10か月での日本武道館ライブであった。同年も紅白出場が有力視されたが、アルバムジャケットの海外撮影と日程が重なったことなどから見送られた。

1998年、7月にアルバム「crimson」(このアルバムもオリコン初登場1位)を発表後、全国で40公演の“Live Emotion '98 crimson”コンサートを行なった。最終の大阪城ホール公演が終って間もなく髪の毛をばっさりと切り、一人で約2か月、ドイツに旅行。

1999年トレードマークだった赤いロングヘアーを金髪のショートヘアに変え[注 5]、“第2期相川七瀬”と銘打ってベスト・アルバム「ID」をリリース。同アルバムは第12回日本ゴールドディスク大賞「ベスト・ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。「FOXTROT」を製作中、年末年始にかけ雑誌取材のためカナダ旅行。

2000年にはプロデューサー布袋寅泰に変え、それまでとは異なる曲調のロックを歌うようになった。2月から5月にかけて全国ツアーライブ“Live Emotion 2000 "FOXTROT"”(32公演、ラストは沖縄)。8月12日には台北市の西門町で予告無しのゲリラライブを敢行、雨天にもかかわらず3000人を集めた(MTVのイベントに参加した際のエピソード)。

2001年、シングル2枚同時発売。自身の誕生日でもある2月16日に一般男性と入籍[2]。その後もスタジオ作業は継続し、出産直前まで制作に携わった、各方面で活躍するミュージシャンとのコラボレーションによる初のバラードアルバムミニアルバム「The Last Quarter」を発表。9月、第一子となる男児を出産[2]

2002年、出産後、ほぼ2年振りのライブハウスツアー「THE GIG 03 LIVE IT NOW」により全国のファンに向け相川七瀬"完全復活"を印象付けた。音楽活動以外でも2002年7月に小学館より絵本「ぼくはくじら」を発表。12月にも絵本の第二弾「くじらサンタ」を発表する。

2003年デビュー以来共にしてきた織田のプロデュースを離れ、新たに岡野ハジメをプロデュースに迎える。12月31日は、ナガシマスパーランドにて初のカウントダウンライブを行う。この頃、前世医療法で自身が深く癒されたことをきっかけに、独学でセラピーに関する勉強をして、11月にはイギリスの団体からカラーセラピストの最高位免許「ティーチャーレベル3」を当時最年少で取得。翌年には、セラピーや占星術に関連する学校を設立するなど、多方面に進出。

2004年2月には、2年半振りのアルバム「7 seven」をリリース。同月22日にNHKホールで行なわれた「日中友好歌謡祭」に出演、「愛ノ詩 -マジェンタレイン-」を歌う様子が中国でも実況された。3月にはカラーセラピー本「恋のダイス&ルーレット」と不思議体験を綴った「バリコワ」を出版。また、5月8日からは、約4年振りとなる全国ホールツアー「Live Emotion "7 seven"」を、7月から毎年恒例のライブTOUR AIKAWA NANASE "7 seven" THE GIG '04を行う。7月には、イギリスやアイルランドでジェニファー・エリソン(Jennifer Ellison)による相川の「バイバイ」をカバーした“Bye Bye Boy”がヒット。イギリスのチャートでは13位となった。9月にはライブのDVD「Live Emotion 2004 SEVEN」をリリース。11月8日にデビュー10年目となる。12月31日は長崎ハウステンボスにて、2回目のカウントダウンライブを行う。

2005年、2月に自らプロデュースしたアルバム「THE FIRST QUARTER」発表。フュージョン系のマイルドなサウンドが中心。テレビドラマ『87%』にレギュラー出演(ドラマ出演は初めて)。この年から「七瀬の日」と題して7月7日SHIBUYA-AXライブを毎年開催。サポートメンバーにはPATA真矢D.I.E.CRAZY COOL JOEマーティ・フリードマンらが参加。11月11日に韓国の釜山で第2回アジア・ソング・フェスティバルに出演。アルバム「R.U.O.K?!」は韓国、香港でも発売された。年末には、翌年から全国展開する洋服ブランド「VAL VALENZA」の春夏イメージキャラクターを委嘱され、ファッション雑誌の広告、各店舗で1日店長などを務めた。この年から年末ライブをキリスト品川教会グローリアチャペルで行う。

2006年、1月1日にライブアルバム「7.7.7.」(DVD,CD2枚の3枚組)発売。6月にはシンガポールで第20回“Singapore Arts Festival”に出演、7月に台湾で“Formoz Festival 2006”に出演などアジア地域でも活動を行う。

2007年、妊娠9か月の時期もライブを普通に敢行し、後で助産師に叱られたという。9月9日、自宅出産で無事に第2子となる男児を出産[3][4]。この頃から音楽雑誌の他に、主婦・子育てをする母親を対象とする育児雑誌にも活動の場を広げ、インタビューが掲載されるようになる。

2008年5月、2年振りの新曲「PRISM」が限定配信リリースされた。

2009年2月、4年ぶりのアルバム「REBORN」をリリース。とともに、自身初となるクラブツアー「AIKAWA NANASE CLUB TOUR '09 REBORN -STYLE-」を2月16日から3月3日まで全国7箇所で行う。8月25日にはパチンコ台「CR相川七瀬〜時空の翼〜(藤商事)」が発表される。9月に小説「ダリア」(書籍でも)発売。11月に、久々に織田哲郎作品のシングル「tAttoo」発売。

2010年、2月16日に渋谷のduo music exchangeにてバースデイライブを行なった。同日,デビュー15周年ベスト・アルバム「ROCK or DIE」を発売。9月29日,アルバム「稲垣潤一 / 男と女3-TWO HEARTS TWO VOICES-」の冒頭でデュエット「愛がとまらない」を発表。11月3日にライブDVD「AIKAWA NANASE Live Emotion 999」をリリース。12月8日にガールズバンド「Rockstar Steady 」としてDVDシングル「Fine Fine Day」を発売。

2011年、2月16日に、渋谷のduo music exchangeにてバースデイライブを行なった。同日、「Rockstar Steady 」としてアルバム「Gossip」を発売。

2012年9月16日、難産ながらも無事、第3子となる女児を出産[2]

2013年2月6日、ソロとしては4年ぶりのオリジナル・アルバム「今事記」をリリース[5]

人物 編集

  • 芸名の「相川」は、地元近くにある阪急電鉄相川駅に由来。
  • エアロスミススティーヴン・タイラーを尊敬しており、「Sweet Emotion」もエアロスミスの同名作品に感化されている。ほかにリチャード・マークス、クイーン、また良く聴いた女性ロックバンドとしてプリテンダーズの名前を挙げることがある。椎名恵工藤静香のファンでもある。一方、学校で歌った「エーデルワイス」やアニメ「魔女っ子メグちゃん」を懐かしむような面も持っている[注 6]
  • 霊感が強い。真矢らとの共著「バリコワ」の中で様々な霊感エピソードを公開。また、1997年に『うたばん』ゲスト出演時に心霊エピソードを紹介したところ、あまりの怖さに司会の中居正広石橋貴明を震え上がらせた。
  • テレビ番組、ライブ等で頻繁にパフォーマンスを披露。例としてマイクスタンドを軽く蹴り上げて1回転させる、ステージ下に蹴り落とす、投げ捨てるなど。「彼女と私の事情」ではクロールで泳ぐような振り付けで始まり、最後の決めでは笑顔になって顎の下で親指と人差し指を直角にして、ポーズをする。
  • 楽器は滅多に演奏しないが、ブルースハープを「彼女と私の事情」の中で演奏している。
  • 大好物は酢豚であり、自分ではあまり作らずに外食する時に食べている[注 7]
  • 自らの子供のことは長男を「こにゃおん」、次男を「ちびにゃおん」と紹介している。
  • 愛猫家。ファンクラブ名が「Risky Cat」であるうえ、会員証やグッズでも猫のイメージが多用されている。ビデオ「radio active」の冒頭では、白猫の着ぐるみ姿で車から降りて登場。「CAT on the Street」などでは、ミュージカル「キャッツ」のような猫耳、尻尾をつけて歌うことがあった。雑誌「Girl POP」1997年vol.24 の中でも猫の話をしている。
  • 多くの曲で自ら作詞している。デビュー前から織田哲郎の指導で多数の作詞を試みており、織田との共作の詩も多い。CDアルバム「The Last Quarter」初回盤には、特典として相川七瀬の詩集がついていた。詩を書くことの苦しさや責任について、「オリコンウィーク[The Ichiban]」1997年6月23日号で語っている。また彼女は、中学時代から日記を書き続けており、そこから歌詞が生まれることもあるという[注 8]
  • コミック「パタリロ!」のマニア[注 9]であり文庫版では解説を執筆。作者の魔夜峰央夫妻とも親しい。
  • 若い頃は少数の友人と交流し、群から離れて1人読書を楽しんでおり、学生時代には図書委員だった。
  • 高校を中退し、ガソリンスタンドでアルバイトして自立。そこで店長に信頼されてリーダーに抜擢されるなど、早くからリーダー的素質があった。その頃、すでに給料の半分をCD代に投資していた。
  • クイズ!ヘキサゴンII』(2010年2月3日放送)にミュージシャンチームとして出演した際、点数は21点で9位と、高校中退とは思えない点数だった。
  • 踊る!さんま御殿!!』(2009年6月23日放送「元ワルマジメ大乱闘祭」)では、カンニングの話題になった時、周りの高校生徒のレベルが低く、カンニングできる状況では無かったと語っていた(さんまが、この話題のオチを奪ってしまう)。
  • 髪色の変化が大きい。デビュー時から茶→赤→金→赤茶→ピンクと変化し、2008年頃からは黒。黒にしたのは、子供の参観日に行った際、あまりに浮いてしまったから[注 10]
  • 家具店で、タンスを万引きしたことを『HEY!HEY!HEY!』ゲスト出演時に告白したことがある。
  • 東京MX「5時に夢中」にゲスト出演した際に、パフィーを〆たことがあると告白。飲み友達のミッツ・マングローブから喧嘩に関する話が多数暴露され、武闘派であることが判明。
  • 左の首筋にLove or Dieと刻まれたタトゥーを入れている。「tAttoo」のジャケット写真やミュージックビデオの中で、露わにされている。また、左手首にもタトゥーを入れている。

交友 編集

  • 芸能界の友人に、真矢ミッツ・マングローブ優香西川貴教aikoあんじ藤原紀香小池栄子杏さゆり等がいる。
  • 中学の先輩にナインティナイン岡村隆史プロ野球選手の佐伯貴弘がいる。ちなみに、岡村と同じ出身地である。
  • PUFFY吉村由美と顔立ちが似ており、相川はPUFFYのシングル「アジアの純真」のPVを見て「自分の学生時代の顔が使われている!」と驚いたという。また、吉村の相方・大貫亜美も、相川の「夢見る少女じゃいられない」のPVを見て、「由美はいつの間にソロデビューしたの!?」と驚いたという。現在も公私共に仲がよい。当初は顔を合わせても互いに警戒するが如くの間柄だったが、相川の飼猫に子猫が生まれ、人伝に吉村から譲渡を依頼された事を契機に良好な交流が始まった[注 11]
  • 工藤静香、B'z稲葉浩志のファン。工藤についてはデビュー前からのファンであった。
  • 大阪出身であることから、デビューから数年はテレビ出演時等は関西弁で話していた。その後方言は徐々に抜けてゆき、通常時は標準語を話すようになったが、関西出身の司会者・共演者がいる場では、今でも関西弁が出ることがある[注 12]
  • aikoとは、昔からの親友[注 13]
  • ミッツ・マングローブとは飲み友達。東京MX「5時に夢中」で共演した際に「明るい所で会うのは初めて」と発言。
  • 中川翔子や中川の母と仲が良い。また長男は中川の大ファンである[注 14]

ディスコグラフィー 編集

シングル 編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1995年11月8日 夢見る少女じゃいられない 8cm CD CTDR-28000
2nd 1996年2月7日 バイバイ。 8cm CD CTDR-28001
3rd 1996年4月17日 LIKE A HARD RAIN 8cm CD CTDR-28007
4th 1996年6月5日 BREAK OUT! 8cm CD CTDR-28006
5th 1996年10月7日 恋心 8cm CD CTDR-28008
6th 1997年2月13日 トラブルメイカー 8cm CD CTDR-28010
7th 1997年5月1日 Sweet Emotion 8cm CD CTDR-28012
8th 1997年11月12日 Bad Girls 8cm CD CTDR-28017
9th 1998年2月8日 彼女と私の事情 8cm CD CTDR-28023
10th 1998年5月8日 Nostalgia 8cm CD CTDR-28026
11th 1998年11月6日 Lovin' you 8cm CD CTDR-28036
12th 1999年3月17日 COSMIC LOVE 8cm CD CTDR-28040
13th 1999年7月23日 世界はこの手の中に/Heat of the night 12cm CD CTCR-40020
14th 1999年9月29日 Jealousy 12cm CD CTCR-40022
15th 1999年12月8日 China Rose 12cm CD CTCR-40025
16th 2000年5月31日 midnight blue 12cm CD CTCR-40036
17th 2000年8月9日 SEVEN SEAS 12cm CD CTCR-40044
18th 2001年1月31日 NO FUTURE 12cm CD CTCR-40058
19th 2001年1月31日 〜dandelion〜 12cm CD CTCR-40065
20th 2002年6月5日 終わりない夢 CCCD CTCR-40127
21st 2002年10月9日 六本木心中[注 15] CCCD CTCR-40145
22nd 2003年2月13日 Shock of Love CCCD AVCD-32004
23rd 2003年11月27日 R-指定 CCCD AVCD-32019
24th 2004年1月21日 愛ノ詩 -マジェンタレイン- CCCD AVCD-32022
25th 2004年2月18日 Round ZERO〜BLADE BRAVE CCCD AVCA-14925
26th 2004年9月29日 万華鏡/UNLIMITED CCCD AVCD-32034
27th 2005年1月19日 限りある響き 12cm CD AVCD-32044
28th 2006年2月15日 EVERYBODY GOES 12cm CD+DVD AVCD-32059B
12cm CD AVCD-32060
29th 2009年11月11日 tAttoo 12cm CD+DVD AVCD-32129B
30th 2014年3月5日 桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo 12cm CD+DVD AVCD-32233

アルバム 編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1996年7月3日 Red CD CTCR-18001
2nd 1997年7月2日 paraDOX CD CTCR-18002
3rd 1998年7月8日 crimson CD CTCR-18008
4th 2000年2月16日 FOXTROT CD+ミニCD(初回限定盤) CTCR-18015
5th 2001年2月21日 Purana CD CTCR-18023
6th 2001年9月27日 The Last Quarter[注 16] CD+詩集ブックレット(初回限定盤) CTCR-18026
7th 2004年2月18日 7 seven CCCD+DVD(初回限定盤) AVCD-32027B
CCCD AVCD-32028
8th 2005年2月16日 THE FIRST QUARTER CD AVCD-32040
9th 2005年11月9日 R.U.O.K?! CD AVCD-32057
10th 2009年2月18日 REBORN CD+DVD AVCD-32118B
CD AVCD-32119
11th 2013年2月6日 今事記 CD AVCD-32214

ベスト・アルバム 編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1999年5月19日 ID CD CTCR-18012
2nd 2003年3月26日 ID:2 CCCD(初回限定盤) AVCD-32007
CCCD(通常盤) AVCD-32010
3rd 2007年4月13日 COMPLETE BEST 相川七瀬 CD AQC1-50250
4th 2010年2月16日 NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE" CD+DVD AVCD-32156B
CD AVCD-32157

アナログ12インチ 編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高順位
1st 1998年1月28日 BAD GIRLS/バイバイ。 Vinyl RR12-88047
2nd 2001年8月31日 OFFICIAL BOOTLEG MIX"7" Vinyl RR12-88309

配信限定楽曲 編集

発売日 タイトル 規格
2008年5月24日 PRISM デジタル・ダウンロード

映像作品 編集

  タイトル 発売日 規格 規格品番 最高順位
ビデオクリップ集 Reflex 1997年2月19日 VHS CTVR-98000
2000年3月29日 DVD CTBR-92001
ライブビデオ Live Emotion Concert Tour '97 1997年10月29日 VHS CTVR-98001
2000年3月29日 DVD CTBR-92002
2012年12月19日 Blu-ray Disc AVXD-32217
ビデオクリップ集 radioactive 1999年3月3日 VHS CTVR-98003
2000年3月29日 DVD CTBR-92003
ライブビデオ Live Emotion 2000“FOXTROT” 2000年9月20日 VHS CTVR-98008
2000年9月20日 DVD CTBR-92007
2004年12月8日 DVD
(初回限定特別価格版)
AVBD-32046
2012年12月19日 Blu-ray Disc AVXD-32218
ライブビデオ chain reaction 2001年3月7日 VHS CTVR-98014
2001年3月7日 DVD CTBR-92014
ビデオクリップ集 "Reflex"+"radioactive" 2002年3月13日 DVD CTBR-92021
ビデオクリップ集 BEST CLIPS 2002年12月11日 DVD AVBD-91129
ライブビデオ Live Emotion 2004 7 seven 2004年9月29日 DVD AVBD-32036
ライブビデオ 7.7.7 2006年1月1日 DVD+2CD AVBD-32058B
ライブビデオ NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE" 2010年2月16日 2DVD+2CD+Tシャツ
(初回生産限定盤)
AVBD-32154B
ライブビデオ AIKAWA NANASE Live Emotion 999 2010年11月3日 DVD AVBD-32168
2012年12月19日 Blu-ray Disc AVXD-32220

別名義、本人参加楽曲 編集

その他 編集

  1. J-POPハリケーン 〜相川七瀬だけ60分本気MIX〜 / MIX-J (2011年3月23日)

出版物 編集

書籍 編集

  • 「相川七瀬のトナカイ倶楽部 -炎のLOVE2バイブル編-」2000年、朝日出版社(ISBN 4255000158)
  • 「RED」(相川七瀬写真集)2002年、株式会社セレブランツ
  • 写真集「AURORA DANCE」写真;中垣哲也、文章;相川七瀬、2004年、小学館
  • 「色の魔法」2004年、扶桑社
  • 「相川七瀬×真矢のバリコワ―実体験コミック&対談集」2004年、学習研究社(ISBN 4054024173
  • 「恋のダイス&ルーレット 色と数でわかる魔法の書」2004年、エイベックス (ISBN 4048941089)
  • 「She's A Rainbow」2006年、集英社
  • 「セドナ 天使の町」2008年、実業之日本社(ISBN 9784408611891
  • ダリア」2009年9月、アスペクト デジタルメディア株式会社(ISBN 9784757217171)

絵本 編集

受賞歴 編集

作品
1996年 第11回日本ゴールドディスク大賞ロックフォーク部門「アルバム賞」 Red
1997年 第12回日本ゴールドディスク大賞「ベスト・ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」 paraDOX
1999年 日本ゴールドディスク大賞「BEST ROCK ALBUM OF YEAR」(女性部門) ID

出演 編集

テレビ・ラジオ番組のゲスト出演については、非常に多数のため、省略する。

CM 編集

企業名 製品(年) 内容
森永製菓 ハイチュウ(1997年) 本人出演と楽曲タイアップ。
日産自動車プリンス店系列 日産プリンス(1997〜1999年) 本人出演と楽曲タイアップ。キャッチフレーズは「いい走り、いい生き方。日産プリンス」。

テレビ 編集

ラジオ 編集

インターネット 編集

  • 西川貴教のイエノミ!!(2011年8月8日[注 17]-、隔週月曜日23:00-24:00、ニコニコ生放送) - 隣に住むキレイなお姉さん役[6]

パチンコ・パチスロ 編集

  • 「CR相川七瀬〜時空の翼〜」(藤商事、2009年)[7] - 専用挿入曲“Back to the day”

脚注 編集

注釈 編集

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite web
  2. 2.0 2.1 2.2 テンプレート:Cite web
  3. テンプレート:Cite web
  4. テンプレート:Cite web
  5. テンプレート:Cite news
  6. テンプレート:Cite web
  7. テンプレート:Cite web
  1. 関西テレビたかじん胸いっぱい』(2009年3月28日放送分)出演時に鶴橋出身であるとも語っている。
  2. ビーイングとつながりの深い織田哲郎のプロデュースによる楽曲が多いことや、初期の一部の曲でビーイングのエンジニアを起用したりビーイングのスタジオを利用しているために誤解されやすいが、ビーイングの所属ではない。
  3. この時、審査で歌った曲は、工藤静香の「嵐の素顔」。
  4. その関係で、当初は織田が当時所属していたビーイングからデビューする予定であった。
  5. イギリスで撮影した写真が「Jealousy」のジャケットに反映されている。
  6. 「WHAT's IN?」、「ZAPPY」等のインタビューによる。
  7. 『きになるオセロ』出演時の発言。
  8. 『メントレG』ゲスト出演時の発言。
  9. 「バリコワ」より。
  10. CLUB TOUR「REBORN-STYLE-」内MCにて発言。
  11. 『ライオンのごきげんよう』2010年2月11日分出演時の発言。
  12. HEY!HEY!HEY!』(ダウンタウン)、『メントレG』(TOKIO城島茂)、『パパパパパフィー』(PUFFY吉村由美)など。
  13. マルコポロリ!』2010年2月14日出演時の発言。
  14. 森田一義アワー 笑っていいとも!』2013年1月24日出演時の発言。
  15. アン・ルイスの同名曲のカバー。
  16. バラード・ミニ・アルバム。
  17. 番組開始日は2011年7月25日だが、相川が出演したのは第2回から。

出典 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki