FANDOM


</td></tr>
みずき なな
水樹 奈々
プロフィール
本名 近藤 奈々(こんどう なな)
愛称 奈々ちゃん・奈々さん・奈々様・お奈々・[注 1]・ヘッド[注 2]・近藤さん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本愛媛県新居浜市
生年月日 1980年1月21日(37歳)
血液型 O型
身長 154 cm[注 3]
職業 声優歌手ラジオパーソナリティナレーター
事務所 シグマ・セブン
公式サイト 水樹奈々 公式サイト NANA PARTY
声優活動
活動時期 1997年 -
ジャンル アニメラジオ
ナレーション吹き替え
デビュー作 門倉千紗都
(『NOëL 〜La neige〜』)
音楽活動
活動時期 2000年 -
ジャンル J-POPアニメゲームソング
職種 歌手作詞家
レーベル キングレコード
共同作業者 三嶋章夫
矢吹俊郎
Elements Garden
田村直美
小澤正澄
影響 美空ひばり坂本冬美オアシス
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日[1] - )は、日本女性声優歌手ラジオパーソナリティナレーター

愛媛県新居浜市出身。シグマ・セブンキングレコードに所属。公式ファンクラブは「S.C. NANA NET」。本名は近藤 奈々(こんどう なな)[2]。愛称は奈々ちゃん奈々さん奈々様お奈々ヘッド近藤さん、など。堀越高等学校代々木アニメーション学院声優タレント科卒業。

代表作は、『NARUTO -ナルト-』(日向ヒナタ)、『ハートキャッチプリキュア!』(花咲つぼみ/キュアブロッサム)など[3]。代表曲は、「深愛」、「ETERNAL BLAZE」、「Synchrogazer」など[4]

Tc2 search naver jp.jpg

概要 編集

声優 編集

当初、歌手としてスカウトされたはずだったが、水樹をスカウトした人から「声優に興味があるか」と聞かれている[5]

デビュー作は1998年に発売されたゲーム『NOëL 〜La neige〜』の門倉千紗都役[6]。元々ゲーム好きで作品の存在を知っていたことから志願して初めてのオーディションを受けて役を射止めた[6]。なお、デビュー当時は堀越学園を卒業する直前で、本人曰く「ギリギリ間に合った」とのこと[7]

ラブひな』や『シャーマンキング』等では林原めぐみとの共演作品もあり、彼女から水樹に対する演技について良かったと語っていた[8]

幼女から成人女性と幅広く声を演じており、時には少年の声も演じている。役柄としては「気弱で大人しい女性」「活発で破天荒な女性」「クールな女性」「二面性のあるキャラクター」「人格そのものが異なる同一のキャラクター」など、様々な声を演じている。『シスタープリンセス』の亞里亞役では、自身の裏声を用いて演技をこなした。

2008年以降は『MUSIC JAPAN』『満天☆青空レストラン』をはじめ、バラエティ番組などでナレーションを受け持つ機会も多い。2010年4月には動物専門チャンネル『アニマルプラネット』の番組宣伝ナレーションに起用された[9]。水樹は以前にも『ミーアキャットの世界』(シーズン4)でナレーションを担当した経験がある[9]

キングレコード所属の歌手であることから、同社が関わる作品において主題歌を担当する機会がある。

歌手 編集

テンプレート:Main2 1993年に、本名名義で「つがざくら」という別子銅山を偲んだカセットを出している。この曲は2010年2月20日に行われた「アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010 Powered by Windows7 mania Office」の愛媛公演(新居浜市市民文化センターでの凱旋公演)で披露された。これ以前にも、小学3年生の時に、自主制作でカセットを出している[10]

キングレコード所属だが、レーベルは「スターチャイルド」ではなく、第三クリエイティブ本部が製作を担当するメジャーレーベルである[注 4]。パイオニアLDC所属時は2作のアルバムに何曲か収録されているだけで、CD未収録の楽曲もある。キングレコードに移籍し、メジャーレーベル部門へ所属するきっかけになったのは、当時声をあてていたゲーム会社の音楽部門が、高い歌唱力を持ちながら歌手として芽が出ない水樹に楽曲を提供し、本人が歌手として生きるかどうかを決めるため「単独ライブ」を自力に近い状況で行い、偶然その現場に居合わせた現・プロデューサーの三嶋に認められたことによるという[6]

当初、住吉中プロデュースによる楽曲を発表したが、後に『ESアワー ラジヲのおじかん』の企画でセルフプロデュースを行う際に奥井雅美へ楽曲作成を依頼したことをきっかけに矢吹俊郎と出会い、POWER GATE以降は矢吹のプロデュースを受けることとなる。以降、基本的には矢吹が関係しつつ、上松範康などElements Garden所属の音楽家をはじめとした多数の作曲家から楽曲提供を受けるようになった。2009年頃にはオリジナルアルバムに収録するための候補曲として300曲以上の楽曲提供を受けている。

2005年1月に声優としては椎名へきる以来2人目となる日本武道館コンサートを開催。それ以降、武道館のような大きな会場でコンサートを開催するようになっていった(詳しくは『#ライブ公演』を参照)。2009年7月には声優初のドームコンサートとなる西武ドームコンサートを開催[注 5]。2011年12月には、声優としては史上初、日本人女性ソロ歌手としても史上8人目となる東京ドームコンサートを開催。

元々は演歌歌手を志していたため、「新宿コマ劇場での歌謡ショー開催」という夢を持ち続けていた。その夢は2008年10月11日、18作目のシングル「Trickster」発売記念の本人座長公演として実現した(新宿コマ劇場は同年12月31日に閉館)。後にアルバム『ULTIMATE DIAMOND』(2009年6月3日発売)の付属特典としてDVD収録もされた。また現在も演歌の夢を完全に諦めたわけではない。

2009年からNHK音楽番組を中心に、一般の音楽テレビ番組によく出演するようになった(詳しくは『#音楽番組』を参照)。

2009年に声優では初となるNHK紅白歌合戦(『第60回NHK紅白歌合戦』)出場を果たし、その後も2013年の『第64回NHK紅白歌合戦』まで5年連続で出場を続けている。

2010年10月に、キングレコードと台湾の金牌大風音楽文化との提携により、アルバム『IMPACT EXCITER』をはじめ、水樹初の海外盤発行を遂げた。台湾では2013年11月に自身初となる海外公演も行っている。

2011年1月に横浜アリーナで、オーケストラライブを開催。

2011年2月6日に行われたBillboard JAPAN MUSIC AWARDS2010で優秀ポップアーティスト賞を、翌2012年3月に行われた同アワード2011と12月に行われた同アワード2012では2年連続で優秀アニメソングアーティスト賞を受賞している[11]

2000年代後半頃から歌手活動で「声優では初となる」といったような活躍をするようになった(上記の『#デビューから現在』も参照のこと)。

サポートメンバー 編集

バンドメンバーは楽曲をプロデュースする矢吹俊郎の影響からか、矢吹がプロデュースした奥井雅美のバンド「ロイヤルストレーツ」のメンバーだったミュージシャンが在籍している。

ライブバンドには「cherry boys」と名付けられており、そのメンバーにもそれぞれ愛称が付いている。各メンバー同士によるセッション、楽器の交換演奏、参加メンバー全員でダンスを披露するなど、さまざまな挑戦をしている。

このバンド構成は三嶋章夫が直感的に水樹奈々には超一流のメンバーが必要で、かつそれに負けない歌姫になると踏んだため、集めたメンバーである LIVE ATTRACTIONより、HIGH-ENERGY取締役の山城陽子による振り付けを受ける。なお水樹からはヨーダ先生と呼ばれている。バックダンサーは、山城陽子のニックネームを冠した「TEAM YO-DA」である。

ミュージシャン 愛称 担当 参加
cherry boys
北島健二 ケニー ギター 2003年7 - 8月のLIVE SENSATION-Zepp Side-で初参加。以降現在までほぼ全てのライブでギターを務める。
渡辺格 イタルビッチ ギター 2003年7月 - 8月のLIVE SENSATION-Zepp Side-で初参加。以降現在までほぼ全てのライブおよびツアーでギターを務める。
市川祥治 アニキ ギター 2002年11月のLIVE ATTRACTIONで初参加。その後は不参加が続いたが、2008年7月のLIVE FIGHTERで久々に参加して以降は再び参加が増えているほか、テレビ収録などでも参加している。
中村修司 しゅーちゃん ギター 2002年11月のLIVE ATTRACTIONで初参加。その後は不参加が続いたが、2010年7月のLIVE GAMESで約8年ぶりにギターを担当した。
坂本竜太 りゅーたん ベース & MC 2003年7月のLIVE SENSATION-Zepp Side-で初参加。以降現在までほぼ全てのライブおよびツアーでベースを務める。バンドメンバー紹介時のMCも担当。
田中章弘 たーさん ベース 2002年11月のLIVE ATTRACTIONで初参加。2005年7 - 8月のLIVE ROCKETで参加して以降は不参加が続いたが、2008年7月のLIVE FIGHTERで久々に参加して以降は再び参加が増えているほか、テレビ収録などでも参加している。
大平勉 トム君 キーボード
マニピュレーター
2002年11月のLIVE ATTRACTIONで初参加。初のツアーから現在まで全てのライブに欠かさず参加している唯一のメンバー。
松永俊弥 まーちん ドラムス 2002年11月のLIVE ATTRACTIONで初参加。初のツアーから現在までコンスタントにドラムを担当している。
渡辺豊 ゆたぽん ドラムス 2006年7月 - 8月のLIVE UNIVERSEで初参加。
福長雅夫 ちょーさん ドラムス
パーカッション
2007年12月 - 2008年1月のLIVE FORMULAで初参加。
阿部薫 アベサマ ドラムス 2009年7月のLIVE DIAMONDで初参加。
五十嵐公太 こーたん ドラムス 2004年7月 - 8月のLIVE SPARKで初参加。2005年7 - 8月のLIVE ROCKETを最後に参加していない。
藤陵雅裕 ファイヤー サックス
パーカッション
2005年1月2日のLIVE RAINBOW 日本武道館公演で初参加。
雨宮麻未子 まみまみ ヴァイオリン 2010年2 - 3月のLIVE ACADEMYで初参加。唯一の女性メンバー。
室屋光一郎 ムッシュ ヴァイオリン 2011年12月のLIVE CASTLEで初参加。
「cherry boys」としてではないが、2011年1月のLIVE GRACE、2013年1月のLIVE GRACE 2013ではコンサートマスターを担当している。
門脇大輔 カドディー ヴァイオリン 2012年6月 - 8月のLIVE UNIONで初参加。
cherry chorus
松岡奈穂美 なっつあんコーラス 2010年7月の公演で参加
田中耕作 コサックコーラス 2010年7月の公演で参加
高橋聡美 ダークコーラス 2010年7月の公演で参加
その他の演奏参加者
矢吹俊郎 トシちゃん ギター 通常のライブではプロデューサーとして演出などを手がけているが、2007年12月 - 2008年1月のLIVE FORMULAの広島・愛媛・大阪公演で北島の代役としてギターを担当。その他ライブイベントやテレビ収録等でも参加している。
上松美香 - アルパ 2008年1月3日のLIVE FORMULA さいたまスーパーアリーナ公演や2009年7月のLIVE DIAMONDなどでゲスト出演。
佐々木亜紀子 - サックス 2002年 - 2003年にかけて参加

音楽に関するその他 編集

『ドリカン』『こむちゃ』関連
文化放送SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』(以下ドリカン)への水樹奈々名義での初ランクインは、2002年5月4日付のチャートでの5枚目のシングル「POWER GATE[注 6]である。その後、20週連続チャートイン&6週連続第1位を獲得する。2002年の年間チャートは、ドリカンがこの年の秋改編で終わり、後枠番組の『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』(以下こむちゃ)はドリカン時代の総括をしていないため、発表されていない。なお、「POWER GATE」と同日発売だった「LOVE & HISTORY」は最高位は第8位、チャートインしたのも3週だった。この2002年、ドリカンとこむちゃと合わせた全51回の放送のうち水樹自身が関わった歌がランクインしなかったのは12月7日付〜12月28日付の4週だけだった。
その後のこむちゃでは、第1回放送で「suddenly 〜巡り合えて〜」が週間第1位にランクインして以来、水樹自身のシングルのほぼ全てが第1位を獲得している(2012年2月まで1位を獲得しなかったのは24作目のシングル「POP MASTER」と25作目のシングル「純潔パラドックス」の2曲だけ)。その中で「MASSIVE WONDERS」は13週連続第1位という記録を達成し、それまで番組記録であった堀江由衣の「心晴れて 夜も明けて」の10週連続第1位、そしてドリカン時代にTWO-MIXが「RHYTHM EMOTION」で達成した12週連続第1位をも上回る大記録となった。
PHANTOM MINDS」は、ドリカン時代を含めて、1996年の椎名へきる「目を覚ませ、男なら」以来の、初登場での第1位を獲得した。2007年と2009年にはこむちゃで「MASSIVE WONDERS」と「深愛」がそれぞれ年間第1位を獲得した。そのこむちゃにはゲストとの距離をより近いものにしようということで「こむちゃファミリー」というものが設けられている。水樹自身の位置は「御主人様」。
その他
オアシスに影響されたことを公言している。1stアルバム『supersonic girl』は同バンドのデビューシングル「Supersonic」から命名されていると、ラジオ番組『四ッ谷式Cyber Project』にゲスト出演した際に語った。

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ 編集

1998年

1999年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

  • 47都道府犬(愛媛犬、マジカル!明太小町)
  • ケロロ軍曹(シオン/フェリシタシオン・ドゥ・ドラクーン)
  • けんぷファー für die Liebe(カンデンヤマネコ)
  • DOG DAYSリコッタ・エルマール、ナナミ・タカツキ)
  • トリコティナ
  • NARUTO -ナルト- 疾風伝(グルコ)
  • BLOOD-C更衣小夜
  • 放浪息子(二鳥真穂)
  • ぬっことはるか(おやまはるか)

2012年

2013年

2014年

  • トリコ(フローゼ)

OVA 編集

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2010年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

劇場アニメ 編集

2002年

2004年

2005年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

Webアニメ 編集

2013年

ゲーム 編集

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

ドラマCD 編集

吹き替え 編集

ナレーション 編集

映画 編集

テレビ 編集

音楽番組 編集

ドキュメンタリー 編集

ドラマ 編集

バラエティー 編集

教養 編集

テレビCM 編集

  • イロメロミックス(出演)
  • 尾崎商事「カンコー学生服」(出演なし/CMソング担当)
  • ロート製薬「ロートZiシリーズ」(出演)
  • ロート製薬 「ボディベール」潤いアロマ
  • 日産自動車「PURE DRIVE」ECOCAR FACTORY編・マーチ編・セレナ編
  • ロッテチョコレート「冬の淡雪」(出演/「みずき なな」名義で挿入歌も担当)
  • ウフコーポレーション(声のみの出演)

ラジオ 編集

ラジオドラマ

インターネットテレビ 編集

その他 編集

ディスコグラフィー 編集

参照:水樹奈々の作品

脚注 編集

注釈 編集

  1. 水樹奈々公式サイト プロフィール
  2. NANA's FACE(水樹奈々プロフィール) - オフィシャルファンページ・JAM STATION ななチャンネル内のプロフィールページ、著作『深愛』(幻冬舎)の中にも記されている
  3. テンプレート:Cite web
  4. テンプレート:Cite web
  5. 文化放送『超機動放送アニゲマスター』で本人談。
  6. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「sevenpieces_sideB3」という名前の引用句に対するテキストがありません
  7. 『水樹奈々 スマイル・ギャング』より。
  8. 水樹奈々のMの世界』(第169 - 170回)より。
  9. 9.0 9.1 “動物大好き”水樹奈々、「アニマルプラネット」のナレーターに抜擢,livedoorニュース,2010年01月13日
  10. 『水樹奈々 スマイル・ギャング』第387次集会より。
  11. テンプレート:Cite web
  12. テンプレート:Cite web
  13. テンプレート:Cite web
  14. 週刊少年ジャンプ』新年No.4・5合併特大号より。
  15. テンプレート:Cite web
  16. テンプレート:Cite web
  17. テンプレート:Cite web
  18. テンプレート:Cite web
  19. テンプレート:Cite web
  20. テンプレート:Cite web
  21. テンプレート:Cite web
  22. テンプレート:Cite web
  23. テンプレート:Cite web
  24. テンプレート:Cite web
  25. テンプレート:Cite web
  26. テンプレート:Cite web
  27. テンプレート:Cite web
  28. テンプレート:Cite journal
  29. 週刊ファミ通』2012年12月6日号より。
  30. テンプレート:Cite web
  31. テンプレート:Cite web
  32. テンプレート:Cite web
  33. テンプレート:Cite web
  34. テンプレート:Cite web
  35. テンプレート:Cite web
  36. テンプレート:Cite web
  37. テンプレート:Cite web
  38. 38.0 38.1 テンプレート:Cite web
  39. テンプレート:Cite web
  40. スターリーテイルズ - 上映館情報
  41. スターリーテイルズ - アーティスト
  42. テンプレート:Cite journal
  43. テンプレート:Cite web
  44. テンプレート:Cite web
  45. 日本科学未来館ドームシアターガイア - 上映プログラム -
  46. Young Alive! 〜iPS細胞がひらく未来〜 - キャスト / スタッフ -
  1. 奥井雅美が最初に「お奈々さん」と呼び、その後に三嶋章夫矢吹俊郎から呼ばれるようになった。
  2. ラジオ『水樹奈々 スマイル・ギャング』で呼ばれている。
  3. シグマ・セブン等の公式プロフィールは154cmと明記されているが『NANA MIZUKI LIVE MUSEUM×UNIVERSE』ディスク4のメイキングおよび『NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -RED SIDE-』「Dancing in the velvet moon」での解説音声、水樹奈々のMの世界 2012年6月10日、水樹奈々スマイルギャング 2013年9月29日 では154cmと言っている。
  4. なお、それ以前はパイオニアLDC(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)に在籍していた。
  5. 午前中から臨時列車が運行されたほか、ラジオ番組とのタイアップ企画で「DIAMOND EXPRESS」と銘打たれた臨時特急も運転された。この臨時特急は西武池袋駅からの直通運行となり、番組内での応募に当選した400名が乗車した。
  6. ただし、それまでに『シスタープリンセス』・『七人のナナ』のキャラクター関連でランクインしたことはある。
  7. ただし、同じくゲストだった中川翔子らとともに美空ひばりの「川の流れのように」を合唱した。
  8. 水樹初の生中継での歌唱となった。
  9. 参加ミュージシャンは、大平勉 矢吹俊郎 渡辺豊 是永巧一 テレビのテロップにはダンサーは「TEAM YO-DA」のみだが「YO-DA jr」と「チアリーディング」も参加している。
  10. 参加ミュージシャンは、大平勉 矢吹俊郎 市川祥治 松永俊弥 是永巧一
  11. このとき製作された『週刊トロ・ステーション』のPVのナレーション(同作公式サイトで視聴可能)やフルボイス版トロ・ステーションのトロ・クロ・テレビさんの声も担当。

出典 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki