FANDOM


暦の上ではディセンバー
アメ横女学園芸能コースシングル
収録アルバム あまちゃん 歌のアルバム
リリース 2013年6月29日
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間 3分43秒
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 宮藤官九郎(作詞)
大友良英(以下作曲)
Sachiko M
寺尾広
西川進
プロデュース 大友良英
ゴールド等認定
チャート最高順位

暦の上ではディセンバー」(こよみのうえではディセンバー)は、2013年上半期放送のNHK連続テレビ小説あまちゃん』の劇中に登場する、架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」の楽曲。2013年6月29日ビクターエンタテインメントからダウンロード・シングルでリリースされた[2]

なお、実際にこの楽曲を歌唱したのはアイドルグループのベイビーレイズと女優の水瀬いのりの計6人である。後にベイビーレイズのみで歌ったリメイクバージョンもシングルでリリースされた(後述)。

解説 編集

設定・制作 編集

『あまちゃん』の劇中に登場するアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」(通称:アメ女)が歌う設定の劇中歌であり、アメ女の下部組織であり主人公の天野アキ(能年玲奈)らが所属する「GMT47」のメンバーも路上ライブなどで歌う。劇中では荒巻太一(古田新太)の作詞・作曲・プロデュースという設定となっており、2009年のミリオンヒットシングルとして登場するため、当時のグループアイドルを彷彿とさせる楽曲となっているほか、間奏部分ではラップのパートもある。

アメ女の楽曲は「暦の上ではディセンバー」以外にも「涙目セプテンバー」「空回りオクトーバー」「肌寒いノベンバー」「ペンフレンドはバンクーバー」「宇宙船リメンバー」「せつなさはアンバー」が劇中に登場しているが、実際に曲が制作・披露されたのはこの「暦の上ではディセンバー」のみである。

歌唱 編集

楽曲の名義は「アメ横女学園芸能コース」であるが、実際にこの楽曲を歌唱したのは能年と同じレプロエンタテインメントに所属する5人組女性アイドルグループ「ベイビーレイズ」と、劇中でアメ女メンバーの成田りな役で出演する水瀬いのりの計6人によるものである[3]。元々大友は「(BGM的に使われる楽曲なので)NHKの若い子を集めればいいや」と考えていたところ、高井によるアレンジの出来の良さと、ドラマ内で頻出することが判明したことからに本格的なレコーディングを決断、劇伴のレコーディングのスケジュールがあらかじめ決まっていたことから「録音日にスケジュールの合う、ある程度ちゃんと歌える歌手と若くて元気のいい女性」のブッキングを依頼したところ、たまたまスケジュールの空いていたベイビーレイズと水瀬、コーラスとして参加した10代のモデル5名(幸映下垣真香野中葵、杉浦舞美、坂口佳穂)に白羽の矢が立ったものであったというテンプレート:Sfn。歌のパート割りはNHKのドラマ演出担当の指示によるものだというテンプレート:Sfn

2013年12月31日に放送された第64回NHK紅白歌合戦では、企画ステージ『「あまちゃん」“特別編”』の冒頭で「GMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース」として以下の11名が出演し、あまちゃんスペシャルビッグバンドの生演奏をバックに歌唱を披露した。

なお、GMTメンバーの小野寺薫子(優希美青)とベロニカ(斎藤アリーナ)、アメ女メンバーの高幡アリサ(吉田里琴)、ベイビーレイズの渡邊璃生はいずれも15歳未満(放送日時点)で、労働基準法の規定で20時以降の生放送に出演できないため不参加となっている[4]

リリース・チャート成績 編集

2013年8月28日発売のドラマのコンピレーション・アルバム『あまちゃん 歌のアルバム』にて初CD化された。なお、同ドラマのサウンドトラック『連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック』には、この楽曲のBメロとサビを基に江藤が再アレンジしたインストゥルメンタル「奈落」が収録されているテンプレート:Sfn

配信開始初日のレコチョクのシングル部門デイリーチャートで1位を獲得[5]。また、7月2日から配信されたiTunes Storeのシングル総合チャートでも1位となった[6]

収録曲 編集

  1. 暦の上ではディセンバー
    (作詞:宮藤官九郎、作曲:大友良英・Sachiko M・寺尾広・西川進、編曲:西川進)

ベイビーレイズ版 編集

暦の上ではディセンバー
ベイビーレイズシングル
リリース 2013年9月11日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 宮藤官九郎(作詞)
大友良英(以下作曲)
Sachiko M
寺尾広
西川進
チャート最高順位
ベイビーレイズ シングル 年表

<span />

ベイビーアンビシャス!
(2013年)
暦の上ではディセンバー
(2013年)
恋はパニック
(2014年)

暦の上ではディセンバー」は、ベイビーレイズの5枚目のシングル。2013年9月11日に、ポニーキャニオンより発売。

番組内の音源とは別に、ベイビーレイズのメンバーにより「ベイビーレイズVer.」として改めてレコーディングされたものである[8]。CD+DVDの2枚組で発売されている[9]

オリコンチャート初登場6位を記録し[10]、ベイビーレイズは本作で初のオリコンチャートTOP10入りを果たす。

収録曲 編集

CD
  1. 暦の上ではディセンバー(ベイビーレイズVer.) [3:43]
    • 作詞:宮藤官九郎、作曲:大友良英・Sachiko M・寺尾広・西川進、編曲:西川進
  2. 暦の上ではディセンバー(ベイビーレイズVer.) -Instrumental-
DVD
  1. 暦の上ではディセンバー(ベイビーレイズ振り付けVer.)
特典
初回生産分のみに封入。
  1. イベント参加券
  2. オリジナル・トレーディングカード 全5種より1種

脚注 編集

注記 編集

出典 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:ベイビーレイズ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki