FANDOM


川口千里(かわぐち せんり、1997年(平成9年)1月8日 - )は、三重県四日市市在住のミュージシャンドラマー。しばしば「手数姫」「ギャップ萌」などと呼ばれる[1]。所属レコード会社はBeing Music Entertainment内「ZAIN RECORDS」。

Kawaguchi senri

バイオグラフィ 編集

1997年(平成9年)愛知県生まれ。両親ともに音楽には無縁であったが、機械好きな父親が買ってきたYAMAHAの電子ドラムDTXpress2を、おもちゃと思って演奏し始めたのがドラムを始めたきっかけだという[2]。こうして5歳からドラムを始め、8歳より「手数王」こと菅沼孝三に師事。ドラム専門誌「リズム&ドラム・マガジン」主催の第9回ドラム・コンテスト(2006年(平成18年))で敢闘賞、第10回(2007年(平成19年))では準グランプリを受賞。2008年(平成20年)5月31日には日本テレビ全力!Tunes」に出演。2009年(平成21年)1月には地元の音楽シーンを紹介するCTYの「Sound view」に出演するなど、メディアで紹介されるようになる。

2009年(平成21年)2月6日には菅沼がメンバーである矢堀孝一のユニットFRAGILEとのセッションDVD「HOROSCOPE」が発売され、当時まだ小学生の時点で「すでにしなやかな感性を表現できる域に達している」と評される[3]

2010年(平成22年)には、世界的なドラムサイト「ドラマーワールド」で世界のトップドラマー500人の1人に選ばれた[1]。同サイトには、女性ドラマー部門に"13 years old..."というフレーズ付きで取り上げられ、専用ページが設けられた[4]。これは、神保彰に次ぐ2人目の日本人掲載である。

また、同年10月23日に開催されたドラム・マガジン・フェスティバル2010(第2回開催)に、同フェスティバル前年出演の平陸(当時14歳)[5]、同誌主催最強プレイヤーズコンテスト2009優勝者の内田龍芽(当時10歳)[6]と共にキッズ・ドラマー・セッションに出演、フェスティバルのオープニングアクトを務める。「安定感のあるビート」「会場を沸かせた大人顔負けの超絶パフォーマンス」と評される[7]

その後も菅沼孝三の手ほどきを受けつつ、学業と両立させながらFRAGILEとのツアーなどセッションワークを中心に活動しており、2011年(平成23年)7月からはリーダーとしての活動も本格的に開始している。

2013年(平成25年)1月8日の誕生日にファーストアルバム『A LA MODE』が発売されている[8]。この発売の際、神保彰は「若き天才千里ちゃんの入魂のドラミングに新しい時代の幕開けを感じ」ると評している[8]

同年2月にはジルジャンからシグネイチャーモデル・ドラムスティックが発売されている[9]。これは、従来より使用していた菅沼孝三モデルのスティックをベースにイエローDIP加工を施し、ヤモリを描いたものである[10]

2014年1月18日には、大高清美と女子ユニット「KIYO*SEN」を組んで、アルバム『Chocolate booster』が発売され[11][12]、その前後では六本木、渋谷、四日市、浜松など複数の会場で、発売記念ツアーが行われた。

ディスコグラフィ 編集

発売日タイトルレーベル品番備考
12009年2月6日HOROSCOPEJewel SoundJSSK-009DVD

<収録曲>

1.Horoscope / Senri Kawaguchi & Fumiya
2.Cuglhuph / Koichi Yabori
3.Blue Rondo a la Turk / Dave Brubeck
4.Baba,Tell Me / Masatoshi Mizuno
5.Winds / Kozo Suganuma
6.Tombo in 7/4 / Michel Camilo
7.E-RECO / Kozo Suganuma
8.Vongole Takenaka ~Dessert in Desert / Masatoshi Mizuno

<共演アーティスト>

菅沼孝三 (Drums & Percussion)
矢堀孝一 (Guitar)
水野正敏 (Bass)
佐藤浩一 (Piano & Keyboard)
※ タイトルチューン「Horoscope」で共演している共作者のFumiyaこと川口史也(Keyboard)は実兄
発売日タイトルレーベル備考
22013年1月9日A LA MODEZAIN RECORDSCD

<収録曲>

1.INFINITE POSSIBILITY / Jun Abe
2.ACRONYM / Koichi Yabori
3.MAYBE I KNOW / Tatsuya Nishiwaki
4.SEND ONE YOUR LOVE (Cover) / Stevie Wonder
5 - 6.NOT ENOUGH 〜DESSERT THE DESERT(feat, Kozo Suganuma) / Masatoshi Mizuno
7.SAMURAI FAITH (COVER) / Tetsuo Sakurai
8.SPANISH PIRATES / Kyoji Yamamoto
9.HIGHLAND PARK 15 / Tatsuya Nishiwaki
10.WONDERLAND IN THE SKY (COVER) / Tetsuo Sakurai

<参加アーティスト(五十音順)>

安部潤(key)
大堀薫(el-b)
小野塚晃(key)
数原晋(tp)
河合わかば(tb)
川崎哲平(el-b)
竹上良成(as)
黒田晃年(elg)
菰口雄矢(elg)
櫻井哲夫(el-b)
澤野博敬(tp)
菅沼孝三(ds)
スティーヴ エトウ(per)
田中晋吾(el-b)
トニー・フランクリン(el-b)
西脇辰弥(key&per)
古村敏比古(ts)
増崎孝司(elg)
矢堀孝一(elg)
山本恭司(elg)
発売日タイトルレーベル備考
22014年6月4日Buena VistaZAIN RECORDSCD

KIYO*SEN名義編集

発売日タイトルレーベル品番備考
12014年1月16日CHOCOLATE BOOSTERZAIN RECORDSCD

<収録曲>

1.K.S.Pro / Kiyomi Otaka
2.Chocolate Booster / Kiyomi Otaka
3.Open Transport / Kiyomi Otaka
4.Orange Mist / Kiyomi Otaka & Koichi Yabori
5.Overcoming Interaction / Koichi Yobori
6.LadiesTalk / Kiyomi Otaka & Senri Kawaguchi
7.Shone Shine / Kiyomi Otaka
8.Ambition / Kiyomi Otaka
9.Future / Kiyomi Otaka

<共演アーティスト>

矢堀孝一 (Guitar)
葉山たけし(Guitar)
AKIHIDE(Guitar)
櫻井哲夫(Bass)
麻井寛史(Bass)

エピソード 編集

上記のように、早くからミュージシャンとしての才能を開花させ、その演奏力やテクニックを評価されていたものの、当初ジャズフュージョン界隈以外ではさほど目立つ存在ではなく、一般的にも殆ど無名状態だった。しかし「けいおん!」の存在を知り、主題歌・劇中歌をコピーするよう勧められ、偶然にも以前使用していたヤマハ Hipgigが作中設定機材と同一であり、同モデルを所有していた[13](現在のメイン使用モデルはYAMAHA PHXシリーズ)ことから2009年6月よりその演奏動画をインターネット上で公開。こうして、2012年(平成24年)6月時点の動画総再生回数が2,000万回に達し[14]、名実共に知れ渡った[2]。なお、このインターネット動画は中国でも人気が高いと言われており、これを受けて中国ツアーも行っている[8]

使用するバスドラムのヘッドとシグネイチャーモデル・ドラムスティックには、ヤモリが描かれており、自身のトレードマークとなっている。これは、川口が幼少の頃、ドラムの練習室で時々ヤモリを見かけ、自分のドラムを見に来たのだと思うようになり、以降ドラムの守り神としているから[15]

参考文献 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Music-bio-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki