FANDOM


劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』(げきじょうばんポケットモンスターベストウイッシュ キュレムたい せいけんし ケルディオ)は、2012年7月14日より公開されたテレビアニメポケットモンスター』の劇場版第15作目の作品。

概要 編集

公式サイトでは「15周年記念超大作」と紹介されている。

当初発表されたタイトルは『キュレムVS聖剣士』であり、本作で初公表となるポケモン・ケルディオの名が伏せられていた。また、「劇場版で(後に正式タイトルに組み込まれる)主役となるポケモンはそれまでゲーム版で公開されていなかった初登場のポケモン」という慣例が、2010年『幻影の覇者 ゾロアーク』以来2年ぶりに復活した。

本年は映画15周年を迎えることを記念して『おどるポケモンひみつ基地』以来9年ぶりとなる短編映画『メロエッタのキラキラリサイタル』が制作、同時上映された。そのため、短編作品が廃止された『裂空の訪問者 デオキシス』以降の作品に比べ、本作単体の上映時間は短くなり、70分程度となったのは、『七夜の願い星 ジラーチ』以来である。

本作公開当時にはTVシリーズが『ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2』に移行していたが、本作では移行前の設定[1]であり、シリーズタイトルも移行前のものである。

前作まで必ず台詞付きで登場していたロケット団が台詞付きで登場しないのは本作が初めてである。林原めぐみ三木眞一郎は別の役で出演しているが、犬山イヌコは初めて長編作品に未出演となった(同時上映『メロエッタのキラキラリサイタル』にはニャース役で出演)。

メディアファクトリーKADOKAWA(旧・角川グループホールディングス)に吸収合併されること伴い、本作よりピカチュウプロジェクトから外れた。製作会社の変更は『劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇』以来であり、劇場版は現在に至るまで本作に参加した7社が製作している。

2012年12月19日に本編のDVDBDが同時上映『メロエッタのキラキラリサイタル』と同時収録される形で発売された。また、前作までの販売元はメディアファクトリーだったが、先述の理由で本作の販売元はソニー・ミュージックディストリビューションに移行している。

2012年12月8日アメリカで『Pokémon the Movie: Kyurem vs. the Sword of Justice』のタイトルでカートゥーン ネットワークで放送された。

全国357スクリーンで公開され、2012年7月14、15、16日の初日3日間で興収7億5,376万100円、動員72万4,067人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[2]。最終的な興行収入は36.1億円で同年公開の邦画で7位となった。

前売り券・配布ポケモン 編集

本作の前売り券に付属する引換券で入手できるポケモンはケルディオであり、6月23日より引き換えが開始された。このケルディオは『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』に連れて行くことで「かくごのすがた」にフォルムチェンジすることができる。

また、劇場ではメロエッタが『ポケットモンスターブラック・ホワイト』及び『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』を対象に配信される。

本年の予告CMにおける前売り券の宣伝はニャースが行っている。

あらすじ 編集

テンプレート:要あらすじ

登場人物・キャスト 編集

レギュラー 編集

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
- 松本梨香
アイリス
声 - 悠木碧
デント
声 - 宮野真守
サトシのポケモン
ピカチュウ
声 - 大谷育江
ミジュマル
声 - 福圓美里
チャオブー
声 - 水田わさび
ツタージャ
声 - 林原めぐみ
ズルッグ
声 - 渡辺明乃
ガントル
声 - 石塚運昇
アイリスのポケモン
キバゴ
声 - 津田美波
エモンガ
声 - かないみか
デントのポケモン
ヤナップ
声 - 藤村知可
イワパレス
声 - 三木眞一郎
マッギョ
声 - 石塚運昇
ジョーイ
声 - 藤村知可
オババ様
声 - 水田わさび

ゲストキャラクター 編集

マリン
声 - ローラ(特別出演)
駅弁の売り子の少女。天真爛漫で明るい性格。手持ちポケモンはバニプッチ。
駅員
声 - 三宅健太
カナタ
ハーデリアを使うトレーナー。
ミサキ
レパルダスを使うトレーナー。

ゲストポケモン 編集

聖剣士
ポケモンと世界を守る伝説のポケモンたち。日夜修行に励み、各地を旅し続けている。
ケルディオ
声 - 秋元才加(特別出演)
本作の実質的な主人公。「聖剣士」の後継者とされ、コバルオン・テラキオン・ビリジオンの下で修行する幻のポケモン。
聖剣士になるための試練であるキュレムとのバトルを一向に許されず、その焦りから聖剣士の忠告を無視し、「自分は聖剣士である」と嘘をつきキュレムにバトルを挑む。しかしキュレムの強さに圧倒され額の角をへし折られてしまい、その挙句に自分を助けに来た聖剣士たちが氷漬けにされるところを目の当たりにし、恐怖でその場から逃亡。結果キュレムに追われる身となり、山沿いを走る列車の屋根で倒れているところをサトシたちに発見される。
サトシたちの助けを受けつつ、再びキュレムの元へと向かい、覚悟を決め自分の心の内を素直に明かした上で再度バトルを挑む。その際に「覚悟の姿」にフォルムチェンジし、キュレムと激しいバトルを繰り広げる。最終的にバトルには負けてしまった(正確に言えば自ら負けを認めた)が、キュレムの攻撃からサトシたちを庇ったことから「良い剣だ」と称えられ、一人前の「聖剣士」として認められた。
コバルオン 
声 - 松岡昌宏(特別出演)
「聖剣士」のリーダー格。沈着冷静で他のポケモンを導くなどリーダーシップに優れる。ケルディオに「敗北してもそこから何を学ぶかが大切である」ことを説く。
テラキオン
声 - 安元洋貴
「聖剣士」の一体。パワーに優れ、豪快でややお調子者の兄貴分的な存在。ケルディオに「相手から絶対に目を離してはならない」ことを説く。
ビリジオン
声 - 本田貴子
「聖剣士」の一体。落ち着いた性格で、常に敬語で話す。「素早さと正義の心に関しては一番」とケルディオは語っている。ケルディオに「一番の敵は自分自身の恐怖心である」ことを説く。
キュレム
声 - 北大路欣也(特別出演)
レシラムゼクロムと同時に誕生し、この2体の遺伝子と力を併せ持つ、地上最強と云われるドラゴンポケモン。ゼクロムの遺伝子によって雷を操る「ブラックキュレム」と、レシラムの遺伝子によって炎を操る「ホワイトキュレム」へとフォルムチェンジする。気性は荒く、自身の戦いを邪魔する者には容赦が無い。自分にバトルを挑みながらも逃げ出したケルディオを追い、ケルディオと行動を共にするサトシ一行を襲撃する。
初めからケルディオが「聖剣士」たちに無断で自身に戦いを挑んでいたことを初めから気づいていた。
フリージオ
キュレムに従うポケモンたち。複数体登場。

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニング
作詞:戸田昭吾 作曲・編曲:たなかひろかずZAIN RECORDS
エンディング
作詞:TAKAHIROHISASHI畑亜貴 作曲:HISASHI 編曲:ACE OF SPADES(rythme zone

脚注 編集

  1. ただし『メロエッタのキラキラリサイタル』はシーズン2移行後の設定である
  2. 『海猿』いよいよ夏本番のランキングトップ!沢尻『ヘルター』は女性支持集め4位初登場!シネマトゥデイ 2011年7月18日

外部リンク 編集

テンプレート:Movie-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki