FANDOM


株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ(Sony Music Artists、略称:SMA)は、ソニー・ミュージックエンタテインメント (SME) 傘下の芸能事務所音楽出版社。

概要 編集

2004年、お笑い芸人を集めたSMA NEET Projectを立ち上げ、こちらは現在もSMAがマネージメントを行っている。

2006年4月1日、各制作部門と傘下会社を分割・再編・統合し、新たにマネージメント会社6社を構築し、(Hit&RunSMAエンタテインメントSMAパイオニアーズニューカムミュージック・タブロイドヴィレッジミュージック)これらを統括する会社とした。2009年4月1日、ヴィレッジミュージック以外の5社を再び合併した。

2006年の倉科カナ、2011年の衛藤美彩と、ミスマガジンのグランプリ受賞者を2名輩出した。

2009年7月1日、所属アーティストの代表に徳光和夫、顧問に奥田民生が就任。

2010年4月、芸能事務所・ウエストサイドを子会社とする。

2011年3月1日、氣志團の衣装について、アメリカ合衆国の政治団体サイモン・ウィーゼンタール・センターからの批判を受け[1]、代表取締役原田公一高橋章の連名で釈明・謝罪した[2]

2012年1月、女優発掘オーディション「アクトレース」を勝ち進んだ14名で、演劇集団・劇団ハーベストを結成させる。

2012年5月1日、顧問の奥田民生が名誉顧問に就任し、後任には真心ブラザーズYO-KINGが任命された。

同年10月1日、子会社・ウエストサイドを吸収合併し、SMA内に新たに「ウエストサイド制作部」を設置した。

所属アーティスト編集

俳優・タレント編集

男性編集

女性編集

ウエストサイド制作部 編集

文化人編集

男性編集

女性編集

お笑い芸人編集

主要記事: SMA NEET Project

お笑い芸人を育成・マネジメントするセクションとして「SMA NEET Project」と「SMA HEET Project」がある。NEET ProjectにはAMEMIYAバイきんぐコウメ太夫ヒライケンジなどが所属している。

かつて所属したタレント編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:ソニー・ミュージックアーティスツ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki