FANDOM


株式会社アリオラジャパン
Ariola Japan Inc.
250px
アリオラジャパンが所在するSME六番町ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-8353
東京都千代田区六番町4-5
SME六番町ビル内
設立 2009年10月1日
業種 情報・通信業
事業内容 音楽ソフトウェアの企画・制作・販売および著作権管理
代表者 村松俊亮(代表取締役
藤原俊輔(代表取締役)
資本金 4億8000万円(2011年3月31日時点)
純利益 △7億7764万5000円(2011年3月期)
純資産 11億3486万8000円
(2011年3月31日時点)
総資産 20億6176万8000円
(2011年3月31日時点)
決算期 3月末日
主要株主 ソニー・ミュージックエンタテインメント 100%
外部リンク http://www.ariola.jp/
[[テンプレート:Transclude|テンプレートを表示]]

株式会社アリオラジャパンAriola Japan Inc.)は、音楽会社ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のレコード会社。オフィスは東京都千代田区六番町4-5。

概要 編集

2009年6月1日BMG JAPANの国内制作部門のレーベルとして発足。2009年10月1日にアリオラジャパンが新設分割により設立され、事業を継承した。規格品番が“BV”から始まる理由はBMG JAPANからの名残である。

アリオラの名称は1958年ドイツに本社をおくベルテルスマンにより設立されたアリオラ・レコードに由来する。日本では1975年日本ビクター(現・JVCケンウッド)とRCAの合弁で出資したRCAレコードの日本法人『RVC株式会社』まで歴史を遡る。ベルテルスマンは1979年アリスタ・レコード1986年にRCAレコード/RVCを買収し、アリオラはBMG(Bertelsmann Music Group)内のレーベルになる。日本では子会社であるBMG JAPAN(買収した当時はBMGビクター)が同レーベル音源を扱っていた。1990年代、BMG JAPANにRCAアリオラジャパンという名の邦楽レーベルが存在していたことがある。

以上の経緯からSME傘下の会社であるが、BMG時代の流れでmora以外の音楽配信サービス(iTunes Store、MUSICOなど)にも参加している異色の会社となっていた。現在はSMEグループ全体がiTunes Storeに配信を提供。また、SME傘下となったことで楽曲のタイアップの幅が広がり、SMEの関わるアニメ等に起用されている。初期のB'zやB.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」など、BMG所属だったアーティストの楽曲の一部の原盤権も所持している。

沿革 編集

  • 2009年6月 - BMG JAPANが国内制作部門と洋楽部門に分立[2]

所属歌手/グループ 編集

Ariola Japan 編集

メインレーベル

iDEAK 編集

角松敏生のプライベートレーベル

  • 角松敏生

Little Tokyo 編集

小田和正のプライベートレーベル

  • 小田和正

オーガスタレコード 編集

オフィスオーガスタ所属アーティスト専用レーベル

Rhythmedia Tribe 編集

Rhythmedia Tribeは、Rhythmedia所属アーティスト専用レーベルである。

HAPPY SONG RECORDS 編集

ザ・クロマニヨンズのプライベートレーベル(THE HIGH-LOWSとして2004年6月発売のシングル『荒野はるかに/ズートロ』より所属)

旧所属アーティスト 編集

2009年10月1日以降

関連項目 編集

出典 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki