FANDOM


わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団
モーニング娘。シングル
収録アルバム The Best!~Updated モーニング娘。~
B面 下記参照
リリース 2013年8月28日
規格 マキシシングル
録音 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル zetima
作詞・作曲 つんく
プロデュース つんく♂
ゴールド等認定
チャート最高順位
モーニング娘。 シングル 年表

<span />

ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない
(2013年)
わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団
(2013年)
笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?
2014年

わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」(わがまま きのまま あいのジョーク/あいのぐんだん、英題:Selfish,easy going,Jokes of love / "GUNDAN" of the love)は、2013年8月28日アップフロントワークス(zetimaレーベル)から発売されたモーニング娘。の54枚目のシングル

背景 編集

モーニング娘。は卒業と加入が繰りかえし行われてきたグループであり[3]、2013年5月21日には第6期メンバーの田中れいなが卒業した[4]。本シングルは、田中卒業後の10人体制での初のシングルとなる[5]。また、2014年1月1日より、「モーニング娘。」の後に西暦を付して「モーニング娘。'○○」(○○は西暦の下2桁)の様に表記されたため(例:『モーニング娘。'14』)、無印としてのモーニング娘。名義としては最後のシングルとなる[6][7]

音楽性・振り付け 編集

「わがまま 気のまま 愛のジョーク」サビでは、イモ欽トリオの楽曲「ハイスクールララバイ」をオマージュした平手打ちの振り付けがある[8]

「愛の軍団」のイントロでは、道重さゆみの声のエフェクトボイスが使用されている[8]

リリース 編集

2013年7月17日、ハロー!プロジェクトのYouTubeオリジナル番組「ハロ!ステ」内で、同年8月28日に両A面シングル「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」が発売されることが発表された[9]

当シングルは、初回生産限定盤A・B・C・D・E・通常盤A・Bの7形態で発売されており、初回生産限定盤A・B・CにはDVDが付属している[10]。全ての初回生産限定盤にはイベント抽選シリアルナンバーカードが封入されている[10]

プロモーション 編集

2013年8月12日より各地で握手会イベントが行われ[11]、前々作「Help me!!」から開始した全国47都道府県握手会キャンペーンが8月19日に47都道府県すべてに達した[12]。また、個別握手会・個別チェキ会も行われる[13][14]

リリース日の2013年8月28日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で開催した発売記念イベントには約2000人の観客が集まった[15][16]

一方、イベント以外では、「私たちが、今のモーニング娘。です。さあ、いこうか。」のコピーで渋谷など都内各所に看板広告を展開した[17][18]。50作目の「One・Two・Three/The 摩天楼ショー」から毎回開設している特設サイト『モーニング娘。「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」モーニング娘。愛のサイト』では、モーニング娘。の歴史[19]、都内各所に掲出した広告看板のマップ[18]、YouTube動画「1/娘。ムービー」[20]を掲載した。

テレビ番組では、2013年8月23日、約6年ぶり[21]ミュージックステーションに単独出演し、「わがまま 気のまま 愛のジョーク」を披露した[17]

チャート成績 編集

52枚目のシングル「Help me!!」・53枚目のシングル「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」は、オリコンCDシングル週間ランキングで2作連続1位を獲得しており[22]、本シングルでは3作連続1位を目標としていた[23]

発売初日のオリコンCDシングルデイリーランキングでは、約9.6万枚を売り上げ1位となり[23]、2013年9月9日付の週間ランキングでも約14.4万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した[24]。これで、3作連続1位という目標を達成した[25]が、これはモーニング娘。にとって約11年半ぶりとなった[24]。また、2013年の年間1位獲得作品が3作となり、これはモーニング娘。にとって初となった[24]

ミュージック・ビデオ 編集

2013年7月24日、「愛の軍団」のミュージック・ビデオの「Dance Shot Ver.」が「ハロ!ステ」で初公開された[26]。その後、8月2日にYouTubeで「わがまま 気のまま 愛のジョーク」「愛の軍団」両曲のミュージック・ビデオが公開された[27][28]

シングル収録トラック 編集

※全作詞・作曲:つんく

初回生産限定盤A・B・C 編集

  1. わがまま 気のまま 愛のジョーク
    編曲:大久保薫
  2. 愛の軍団
    編曲:大久保薫
  3. 負ける気しない 今夜の勝負
    編曲:江上浩太郎[8]
  4. わがまま 気のまま 愛のジョーク(Instrumental
  5. 愛の軍団(Instrumental)
初回生産限定盤A付属DVD
  1. わがまま 気のまま 愛のジョーク(Music Video)
  2. わがまま 気のまま 愛のジョーク(Dance Shot Ver.)
初回生産限定盤B付属DVD
  1. 愛の軍団(Music Video)
  2. 愛の軍団(Dance Shot Ver.)
初回生産限定盤C付属DVD
  1. わがまま 気のまま 愛のジョーク(Close-up Ver.)
  2. 愛の軍団(Close-up Ver.)
  3. 「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」メイキング映像

初回生産限定盤D、通常盤A 編集

  1. わがまま 気のまま 愛のジョーク
  2. 愛の軍団
  3. 坊や
    編曲:大久保薫[8]
    歌:道重さゆみ譜久村聖飯窪春菜佐藤優樹工藤遥
  4. わがまま 気のまま 愛のジョーク(Instrumental)
  5. 愛の軍団(Instrumental)

初回生産限定盤E、通常盤B 編集

  1. わがまま 気のまま 愛のジョーク
  2. 愛の軍団
  3. ふんわり恋人一年生
    編曲:AKIRA[8]
    歌:生田衣梨奈鞘師里保鈴木香音石田亜佑美小田さくら
  4. わがまま 気のまま 愛のジョーク(Instrumental)
  5. 愛の軍団(Instrumental)

クレジット 編集

  • 大久保薫 - キーボード&プログラミング(1,2,初D通A3)
  • 鎌田浩二 - ギター(1)
  • 道重さゆみ - コーラス(1,2,初ABC3,初D通A3)
  • 鞘師里保 - コーラス(1,2,初ABC3,初E通B)
  • CHINO - コーラス(1,2)
  • 江上浩太郎 - プログラミング(初ABC3)
  • AKIRA - プログラミング、コーラス(初E通B)
  • U.M.E.D.Y. - ラップ(初E通B)

出典・注釈 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. テンプレート:Cite web
  3. テンプレート:Cite web
  4. テンプレート:Cite web
  5. テンプレート:Cite web
  6. テンプレート:Cite web
  7. テンプレート:Cite web
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 テンプレート:Cite web
  9. テンプレート:Cite video
  10. 10.0 10.1 テンプレート:Cite web
  11. テンプレート:Cite web
  12. テンプレート:Cite web
  13. テンプレート:Cite web
  14. テンプレート:Cite web
  15. テンプレート:Cite web
  16. テンプレート:Cite web
  17. 17.0 17.1 テンプレート:Cite web
  18. 18.0 18.1 テンプレート:Cite web
  19. テンプレート:Cite web
  20. テンプレート:Cite web
  21. テンプレート:Cite web
  22. テンプレート:Cite web
  23. 23.0 23.1 テンプレート:Cite web
  24. 24.0 24.1 24.2 テンプレート:Cite web
  25. テンプレート:Cite web
  26. テンプレート:YouTube
  27. テンプレート:Cite web
  28. テンプレート:Cite web

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki